MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
NYにて両親と
大学で教鞭を執っている父が、コロンビア大学で行われる学会に参加するため、今週NYに滞在している。母も同行し、週末に妻と4人で食事をした。
c0131701_12135836.jpgボストンにいた頃、アメリカンフードに魅入られた父なので、CraftsteakというNYでも一二を争うステーキ屋さんに招待したところ、大変に喜んでくれた。

42日間熟成した肉のステーキなど、3種類の肉を頼み、そのボリュームと絶妙な味付けと焼き加減を心行くまで堪能した。二人ともまだ現役で働いており、肉をしっかり食べられるほど元気だ。無病息災がなにより。

父の渡米目的である、地球環境問題についても色々と話した(というか聞いた)。大量のコーンを食べて育った牛肉を食べながらではあったが。
近年になって、ようやく世界規模でサステイナビリティへの関心が高まり、研究も旺盛になっている。早くから苦労しつつ研究を続けてきた結果、父の研究室も人気が益々高まり、文字通り5大陸全てから留学希望が来るそうだ。

地球の寿命、いや人類文明の寿命を永らえさせるべく、父にはまだまだ研究者として、また教育者として頑張ってほしいものだ。

そして一緒に世界を回る母も幸せそうでいい。父が学会に出ている間に美術館回りをするらしい。あいにく寒波が襲って雪が降りそうだが、文化に溢れるNYの冬を楽しんで欲しい。

自分が年をとっても、この二人のようにいつまでも妻と元気に仲良く世界中を訪れたい、そう思った。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-02-11 11:45 | 家族
<< 履修課目 破綻 >>