MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:MIT生活 ( 185 ) タグの人気記事
100K Final – 熱情、拒絶、機会と忍耐
MIT恒例の100K Business Plan Competition の決勝戦が行われた。昨年から分野別になって参加チームが大幅に増え、今年も大盛況だったらしい。MIT生が参画していることがチームの参加条件だが、他校からも多く参加している。$100,000という賞金の魅力と伝統とで、ボストンの起業家の登竜門となっている。
c0131701_1940492.jpg
今年はキーノート・スピーカーにiRobotのCEOが招かれた。iRobotはMITのロボティック・エンジニアリングを下敷きに生まれたベンチャーで、日本でも販売が開始された自動走行の掃除機ロボット『ルンバ』で成長した企業だ。つい先日も会長がMITで講演しており、いまだに結びつきは強い。

ユーモアたっぷりの講演で、MITのオタクさと起業家の熱意が伝わってくる。彼が強調した4つの重要なことは、波乱万丈の人生経験に裏づけされて説得力があった。
  • Passion: 熱い情熱は前進する原動力だ
  • Rejection: 拒絶されることから学べるものはあり、また拒絶されても諦めてはいけない
  • Opportunity: 機会があったらそれを取りにいかない手はない。何としても取りにいけ
  • Persistence: 成果がすぐに現れなくても、辛抱強くいることは重要だ
c0131701_1940329.jpg
身近で偉大な起業家の言葉に刺激されて、決勝の6チームが3分間のピッチを行う。

優勝したのはTechnology Trackの、コンピューターセキュリティのソフトをリブートなしにアップデートする技術。ピッチは非常に面白かったが、どんな技術なのかが今ひとつ伝わらず、正直言って優勝するとは思わなかった。だが確かに市場性や技術は大きかったのだろう。リブートによるダウンタイムやそれに伴う機会損失は大きい。それがジャッジの評価につながったのだろう。


個人的に素晴らしいと思ったのは、緑内障予防薬を含んだ使い捨てコンタクトレンズだった。患者は現在の治療法だと、6つの点眼薬を一日に何度も注さなければならず、その面倒さから半数が半年で治療を断念してしまう。その結果、全米2番目の失明の原因になっている。MITで生まれたこの技術は、コンタクトレンズにその薬を含ませることで点眼を不要にし、治療の負担を大幅に軽減した。まさに治療プロセスにイノベーションをもたらす製品だ。

プレゼンターはクラスメートのクリスだった。クラスでは地味だった彼が、熱情を持ってプレゼンを行っていた。優勝できなかったのは残念だが、一番素晴らしい内容だったとクリスに伝えると、満足そうな笑みが返ってきた。この拒絶も糧にして、機会を追い続けてほしい。


若江君Lilacさんも書いているが、不況にあって起業熱はむしろ高まっている。仕事がないという学生の危機感、サステナビリティーやエネルギーへの社会的関心と、額はあるが投資先に困っているリスクマネーとが結びついている。友人にも在学中に起業したり、卒業後すぐに起業する人がいる。

私もクリスを始めとする彼らには随分と刺激された。会社を興すだけがアントレプレナーシップではないので、自分なりの起業家精神を育て、社会のニーズを見つめ、パッションとともに自分の原動力にしたい。勇気付けられる決勝戦だった。
c0131701_19412037.jpg

[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-13 23:29 | MITでの学び(非MBA)
スローン日本人会の送別会
スローンの日本人コミュニティでの送別会が行われ、ついに自分が送られる身になったと実感する。チャイナタウンの中華料理に集まった約40人は、子供が多く賑やかだ。この2年で小さかった子供たちも大きくなり、言葉も多く話すようになり、成長を実感する。

子供たちが成長したように、自分も成長しただろうか。長じての成長は発育とは異なるが、大人も成長し続ける、とキーガン教授のAdult Development で学んでいる。自分の場合はどうであろうか。いよいよ卒業が近くなり、この2年を振り返ることが増え、今後の自分を考えることが多くなっている。

その折り返し点が、このMBAだった。大変だった勉強生活、課外活動などを支えてくれたのは、家族や友人である。彼ら彼女らの助けなしには、この大きな自己変革はなし得なかっただろう。

この小ぢんまりとして温かいコミュニティも、もうすぐ散らばってしまう。楽しく盛り上がった送別会であるが、一抹の寂しさが残る夜だった。
c0131701_19155570.jpg

[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-10 23:12 | 交友
Sam Adamsの生まれるところ
サミュエル・アダムスは、ボストン生まれのアメリカ建国の父の一人であるが、現代では"Sam Adams"といえば、ボストンの地ビールを連想する人が多いだろう。ビールの方のサム・アダムスの生まれるところ、ボストン・ブリュワリーを、同期日本人の有志(というかビール好き)で見学した。目当てはもちろん、出来たてのビールの試飲だ。
c0131701_17291677.jpg

サウス・ボストンは治安が悪く、そこを走るため夜には乗ってはいけないと言われるオレンジ・ラインに乗って工場へ。工場は煉瓦造りの倉庫や醸造所が立ち並ぶ。
c0131701_17294152.jpg

中は大きな醸造タンクが立ち並ぶ。サム・アダムスはホップをたっぷりと入れて、芳醇な香りを出しているのが特徴的で、そのホップの見本を実際に手に取り、香りを嗅ぐ。飲みなれたあのビールの香り。喉が渇く。
c0131701_17295196.jpg

そして見学の最後に待つのは、出来たてのビール。3種類のビールを飲んだが、飲むのにも作法があり、ガイドが飲み方を順に説明する。

まず露を払って色合いを見、グラスを透かして透明度を見て・・・

喉を渇かせてきた身にはなかなかじれったいが、ビールを心ゆくまで楽しむべく、ちゃんと従う。そしてついに喉を通ったビールは、さすがに美味しい。これぞボストニアンの魂の味。

まさに至福の、ボストンの楽しみ方だった。
[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-08 23:22 | ボストンでの生活
ペリカン・ディナー - 信頼
c0131701_17192741.jpgわれらがコアチーム、"Indian Pelicans"でディナーをした。
思えば全員揃うディナーは、1年振りくらいかもしれない。素晴らしくも終わりつつある2年間の成功と、友情と、荒波に漕ぎ出すわれらの将来の栄光に祝杯をあげる。


仲がよく、お互いを信頼しあっていたこのチームは、ずっと定期的にランチを共にし、よく「仲がいいね」と言われた。そんな時、誰もが

"Because we are the best team!"

と答えて憚らなかった。そんなチーム・ペリカンが、最後にして本当の友情に辿り着いたと思う出来事があった。

アメリカでは政治と宗教の話はするな、といわれるが、私のチームではことさら政治の話は全くなかった。デリケートなチーム・ダイナミクスがあったため、皆政治の話題は避けていたのだ。

私のチームには、レバノン系アメリカ人のパトリックとイスラエル人のイタイとがいる。高校生の時に家族で米国に移ったパトリックは、小さい時にイスラエルの侵攻を経験している。両親があやうく死にかけたというから、かなり鮮烈な記憶なのだろう。だがそんな彼は、イタイが幹事をしたイスラエル・トレックに昨年参加した。一方でインターンではコンサルティング・ファームのドバイオフィスで働き、イスラム圏のアイデンティティも再認識したようだった。

そのパトリックとイタイとが、政治の話をしたのだ。私がイスラエル・トレックに行ったという話がきっかけだったが、イスラエルの政治について話し始めた。パトリックは極めて中道的なコメントなので、直情的なイタイと変な議論にならなかったが、この姿を見て、チームの姉貴分のエイミーが
「あんたたちが政治の話をするところって、初めて見たわね」
と驚いていた。

イタイは徴兵中は戦闘部隊にいた(スローンのイスラエル人の多くは諜報部隊出身で、戦闘部隊はイタイともう一人しかいない)。パトリックもイタイも、中東紛争は自分の命と直結した経験である。その二人が、信頼し合って、将来のことを話し合う。

非常に象徴的であり、友情とは、信頼とは何かを気づかせてくれる夜だった。
[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-07 23:49 | 交友
OpsSimCom - 遊びて学ぶ
MIT Sloan Operation Clubが主催する、MBA Operation Simulation Competition に、スローンのブロガーであるKazさんShintaroさんと参加した。(その様子をKazさんがブログに書いている)

一度昨年のオペレーション入門の授業で行ったシュミレーション・ゲームなのだが、今回は不況を反映して設定が変わり、キャッシュが枯渇しそうで借金もできない中、3日間フル稼働で工場運営をし、一番キャッシュを稼いだチームが優勝となる。参加チームは全世界のビジネススクールから100チームで、中国のCEIBからも多数参加している。


前回の授業の時に、かなり手ひどい失敗をしてしまい、生産計画とはどういうことか、コミュニケーションや委任・信頼とは何かを学ぶこととなった。今回はその教訓を生かして、目指せ上位、と意気込んだ。

3日間はなかなか睡眠不足で、いつも工場のことが気になるほど、3人とものめりこんでしまった。

だが結果は・・・残念ながら中の下といったところ。これはこれで学ぶことは多かったのだが、やはり周到な事前計画と、予想と現実がずれたときの思い切った判断/度胸が必要だと痛感。これを一人で行えることが望ましいが、人間にはマインド・セットやメンタル・モデルがあるので、これをカバーするチームワークはもっと重要であり、チームがワークするための、信頼とタイムリーで密度の濃いコミュニケーションは必要だ。


前回の授業の設定をベースにShintaroが素晴らしいモデルを作ってくれた。これで事前計画が進み、非常に効率的で効果的なスタートを切れたのだが、今回のゲームでは、需要の現れ方が前回と大幅に変わったり、ある機械のキャパシティが最後までなかなか把握できなかったりと、試行錯誤で修正しなければならない部分が多かった。だが工場運営に追われ、集まった運営データからモデルを修正する人を置けなかった。オペレーションの授業だからといって、オペレーションに埋没してしまっては意味がない。現場監督だけでなく、経営企画部も持たなければ、企業は大きく成長できない。

また、現場での判断は、最後は合理性の彼方にあるので、そこでは自分の性格や、過去の成功または失敗経験が知らず知らず影響してしまう。それに気が付いて補正し、できるだけ偏らない判断にすることは、一人では極めて難しい。せっかく能力的にも相性としても良い、強いチームだっただけに、ゲーム進行中に一歩引いてチームダイナミクスを観察し、経営企画を作ろう、といった方向修正を早めにすることができていれば、もう少し上位になれたかもしれない。


オペレーションで学んだことも、リーダーシップで学んだことも、実践は難しいのだが、シミュレーションというリスクのない状況だからこそ、失敗からこうして学ぶことができる。まさに参加したことに意義があった。

ともあれ、なかなか大変ではあったし、賞金は遠く逃したが、非常に面白いコンペティションだった。


ちなみに、優勝はスローンのLFM (Leaders For Manufacturing) という、MSとMBAのヂュアルプログラムの人たちのチームだった。主催校のスローンが優勝できて、まずはなにより
[PR]
by flauto_sloan | 2009-05-03 13:55 | MITでの学び(MBA)
ダライ・ラマのMIT訪問
ダライ・ラマ14世がMITを訪問した。数年前にもMITはダライを招待し、今回が二回目となる。抽選に漏れてしまい、直接拝謁することは叶わなかったが、同時中継をする大教室で、このチベット仏教最高指導者の話を聞いた。中継会場であっても、入場時に全員起立し、最大の敬意を表す。残念なことに、中国系学生はあまり見られなかった。

禅僧のような厳しいお方かと思っていたが、ダライ・ラマはユーモアに溢れ豪放磊落であり、立場が異なる、あるいは敵対する人でさえも包み込むスケールの大きさを持っていた。英語は流暢な訳ではないが、短い一言一言は非常に考えさせられる深さを持つ。

チベット仏教の最高指導者であっても、「私は仏教を広めるつもりはなく、どんな宗教でも尊敬する」と仰ったのには、仏教徒としての共感と、その立場それ自体への尊敬を感じた。また、「チベットが独立して民主化を勝ち取っても、自分は宗教家であり政治化にはならない」とも仰り、人々への信頼と強い愛を感じる。

社会が抱える問題に対しては、「対案がなく改善のしようがなければ忘れてしまいなさい。さもなくば、ひとまず何かやってみなさい」と、前向きで勇気づけるメッセージをお送りになる。

翌日のジレット・スタジアムでの説教では、「私たちは皆同じ。違いなど取るに足らない」と始められたという。人種や派閥に区切られない、高次な世界がダライには見えている。

総じて、宗教指導者というよりも、民主主義と人々への信頼を訴える一人の人間、という姿が強く浮かび上がる。その背後の仏教的世界観や価値観が深いため、そのメッセージが一人の人間のものとしてでなく、より大きな意思として感じられた。

何より、このノーベル平和賞受賞者への非難や中傷を続ける中国共産党に対して、ダライ・ラマは恐れをまるで持たないばかりか、それを超えた敬意というか、共産党を赤子のように温かく見守り、その上で叱責する姿が印象的だった。個人攻撃を受け止めた上で気にせず、共産党の批判のようでいて、瞳の奥底に愛すら感じた。

対立や浅ましい憎しみ合いの彼岸にいるのは、このような方なのか、と感じ入った。

c0131701_1355617.jpg

[PR]
by flauto_sloan | 2009-05-01 23:49 | MITでの学び(非MBA)
音楽療法
バークリー音楽院のSuzan Hanser教授が、音楽療法についてMITで講演を行った。前から気になっている音楽療法がどのようなものなのか、夜遅いセッションだったが覗いてみた。面白いのだが、本当にどこまで実効的なのかはよくわからない。
病は気からというように、精神が身体に与える影響は大きく、だからこそプラセボが効果を持ち、ストレスが病気を引き起こす。原始時代にヒトを救った自律神経が、いまやヒトを殺そうとしている。
脳は共感する機能を持っており、自分や他人がとった行動から反応を起こす。音楽を聴くことで、脳が共感し、ストレスを開放し心身を新たな状態に持っていくことができる。

これを利用した音楽療法は医療現場でも取り入れられており、癌治療を専門とするダナ・ファーバー病院では、"Pod for Soul" というプレイリストを作り、癌患者の症状緩和に用いている。

特に痛みに関しては、メルザックのゲート理論が論じるように選択的であり、音楽が知覚を支配することで痛みを和らげられると考えられる。そのため、分娩時の鎮痛にも音楽が用いられる場合がある。他にも、免疫力を高める効果があるともいわれている。

音楽は録音されたものでも効果はあるが、生演奏の方が効果が大きいと思われる。ただし厳密な比較調査はまだ十分ではない。また、音楽の好みは人によって異なるので注意しなければならないのと、頭痛など病気によっては逆効果なこともある。
セッションの途中、参加者が目を閉じ、ハンセン教授の奏でるインディアン・フルートの音色に耳を傾ける実験を行った。いつものような批判的な聴き方ではなく、音の流れに身を任せると、癒されていくのを感じた。

音楽の効能は、先日の心理音響学の講演とあわせても、まだどこまで実証されているのかはなかなかわからない。だが「何かがありそう」だし、麻薬的な魅力は本能にプログラムされているものかもしれない。日本では音楽療法はまだ広まっていないが、アダージョ・カラヤンのヒットや、癒し効果を謳うCDを見ても、効果は実感されているのかもしれない。

音楽で人が変わる、という信念は実証にはまだ程遠い。
だがわからないからこそ、新しい動きになれるのかもしれない。
c0131701_5331255.jpg

[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-28 05:26 | 音楽・芸術
WWWの巨人 – Sir Tim Berners Lee
MITの教授で、WWWの開発者である、Sir Tim Berners LeeWeb3.0の授業の最後のゲストスピーカーとして呼ばれた。某サイトで「憧れる有名ハッカー」に選ばれ、WWWで世界を変えた男とも言えるバーナーズ・リーは、恐ろしく頭の回転が早く、かつユーモアがあり、MITが擁する天才とはこういう人なのだな、と思わせた。
Web2.0は群雄割拠の無秩序を生み、それぞれの技術が囲い込まれてしまった。セマンティック・テクノロジーを中核とするWeb3.0はそうではなく、相互にオペレーションが可能で、一貫性を持ち秩序あるネットワークを作り上げることが必要だ。もちろん、それは全てが無料であることも、アクセスコントロールができないことも意味しない。

あらゆるデータが共通の土壌として繋がることで、あらゆる創造性がその上で開花する。一部企業がデータを独占しようとするだろうが、データを結びつけることによる価値の方が大きくなるのと、データの開示競争が引き起こされることで、あるところで閾値を超えてデータが共通化されていくだろう。

共通化されたデータが結び付けられる効果は計り知れない。たとえばWeb3.0の技術を導入している癌治療の分野では、それぞれの研究分野は狭い科学者達が、お互いのデータを結びつけたことで、既に便益が出始めている。

否が応でも、Web3.0の時代は到来するのだ。マイクロソフトが当初インターネットを毛嫌いしても、それを受け入れざるを得なかったように。
バーナーズ・リー教授は、セマンティック・ウェブによる秩序あるWeb3.0の姿を考えている。それが可能になれば、まさに人知を超えた発見が生まれる可能性がある。まさに人の創造性が自由に花開く土壌だ。

だがグーグルは力技によるセマンティック技術を進めており、教授の理想が実現できるかはまだ予断を許さない。Wolfram Alphaのような新しい技術も登場しており、いまだWebは群雄割拠である。

WWWコンソーシアムのような秩序だったアプローチが通用する規模を超えてしまっているのかもしれない。教授の推進するセマンティック技術が閾値を超えようにも、閾値自体が普及を上回るスピードで拡大しては意味がない。

無秩序から生まれる創造性と、秩序の上で花開く創造性。どちらが勝つのだろうか。


 ちなみに、質疑応答の中で「webの世界で一番驚いたことは何でしたか」と聞かれたバーナーズ・リー教授は「人々がHTMLを手で書いていたことだ」と答えていた… ちなみにこのブログも、微調整はHTMLタグを手打ちで入れ込んでいます
[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-27 22:05 | MITでの学び(MBA)
クリステンセン教授とアターバック教授
c0131701_8102620.jpg「破壊的テクノロジー」の授業で、『イノベーションのジレンマ』の著者、クレイトン・クリステンセン教授がゲスト講演をした。
アターバック教授とは長年のライバルであり友人であり、MIT的科学的・定量的アプローチを重視するアターバック教授と、HBS的経営目線での意味合いを重視するクリステンセン教授の対比が面白い。

クリステンセン教授は、「イノベーションへの解」の内容を中心として去年4回連続講義をMITで行い、私は初回以外参加した。今回の講義も基本は同じであったが、アターバック理論を理解し、また丁度『科学革命の構造』を読んだところで批判的に聴くとまた面白い。教授のキーメッセージをいくつか。
  • 技術は周辺から興り、中心技術へ集約され、そこで破壊的イノベーションが起きて再度周辺へと分散する。その破壊的イノベーションは、利益と差別化を目的とした競合によるコスト増大やサービス範囲の拡大によって促される。いわば正しいビジネスモデルであるからこそ、破壊されてしまう
  • 破壊的イノベーションを可能にするのは、簡素化された技術、ビジネスモデルの革新、そして新しいバリュー・ネットワークである。
    • 技術は3つの段階を経る。試行錯誤、パターン認識、そして規則性の活用だ。この3段階目に入ると、破壊的イノベーションが促される
    • ビジネスモデルは、バリュー・プロポジション、リソース配分、プロセス革新、利益方程式の確立の4つのサイクルが循環するようなものである。これが循環する限り、技術は持続的である。そのとき、進化するのはビジネスモデルではなく、企業である
    • バリュー・ネットワークの確立といった相互依存性を含む構造的な問題は、「神の見えざる手」では自動的に解決されない。ロックフェラーが「見え得る手」と呼んだように、アーキテクチャーを再設計しなければ、個々の起業家の努力だけで解決するものではない。仮説を持って、構造のあり方を試行錯誤して作り変えていくことが重要だ
「破壊的イノベーション」は、その実「破壊的ビジネスモデル」のことだ、とあるCEOが言ったという。動物の進化戦略と同じで、正しい戦略だからこそ、やがてそれに付け入る戦略とそれを可能にする技術が生まれ、「破壊的」と呼ばれる。

確かにアターバック教授が指摘するように、クリステンセン教授の理論がどこまで包括的で、定量的なのかはやや疑問が残る。成立要件も色々と隠れているだろう。記述的である中に、規範的な要素を含む理論だからこそ、多くの経営者に感銘を与えたように思える。

そうなると気になるのは、クリステンセン理論やアターバック理論の裏をかくものだ。あれだけ『イノベーションのジレンマ』がベストセラーになり、技術経営の分野ではある種の常識になっている。多くの企業が彼らの理論を考慮した戦略を立てて生き残りを図るならば、新しい戦略家や起業家はさらにその裏をかくだろう。

今それが何なのかは思いつかず、また彼らの理論がどこまで常識となっているのかはわからない。だが孫子の兵法が漢の時代の兵法家の常識となった結果、三国志の頃にはそれを理解した上でその裏をかくことが優れた兵法家の証だった(孫子に注釈を入れた曹操がよい例)。

兵は詭道なり
戦略は状況に応じて千変万化し、淘汰圧に曝されて進化していく。
だから面白いし、難しい。
[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-23 22:06 | MITでの学び(MBA)
ボストンにいて、一年で一番日本人であることを実感するのは、この時かもしれない。チャールズ川沿いの並木にある桜が満開になった。
c0131701_848322.jpg

MITのPh.Dの友人達と花見をした。ただマサチューセッツでは屋外で飲酒できないので、コーラで我慢。
c0131701_8495038.jpg

桜は心を浮き立たせる。長い冬がなかなか明けなかったボストンにも、ようやく春か。
c0131701_93728.jpg

[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-23 08:34 | ボストンでの生活