MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:文化 ( 65 ) タグの人気記事
Blue Man Show
前から気になっていた、Blue Man Showを観に行った。
最初の20分くらいは面白かったが、途中から飽きてしまった。アイディアは素晴らしいが、1時間半も引き延ばせるほどではないように感じる。観客の巻き込み方もなんだか中途半端で、2階席だったせいもあるが、だんだんだらけたように感じてしまった。

そう思っていると、妻も同じ感想だったようだ。性格は随分違う私たちだが、こと感性は非常に近しいものがあるようだ。
[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-28 13:24 | NYでの生活
MAD - Museum of Arts and Design
ニューヨークのコロンバス・サークルに新しく開いた美術館、Museum of Arts and Design (MAD)に行ってきた。ずっと気になっていたのだが、予想以上に面白い美術館だった。

ちょうど食器のデザイン展をやっていて、斬新なアイディアを盛り込んだ食器の数々が展示されている。食事をするための器である食器にも色々あって面白い。器として閉じた美しさを追求し、食事に使うのを拒むようなものがあれば、食べるものや食べ方まで強制してくるかのような食器もある。もちろん、その中間で食事を楽しくするための食器もあるが、全体としては、食べ物と人間を繋ぐ媒体、という概念を大きく超えてやろう、という芸術家の気概が伝わってきた。

常設展も面白く、大作からアクセサリーのような小物まで、かなり見ごたえがある。日本人デザイナーの名前も散見された。

またこのMADが面白いのは、最上階に工房があり、芸術家が何人かそこで実際に作品を作っている。芸術家と直接話をして、その考えや作品に対する姿勢を知ることができる。まさに双方向性を追求した美術館だ。

一階のmuseum shopも面白いものが多く、妻は可愛らしい陶製の瓶を買っていた。
まだ新しいが、お勧めの美術館だ。
c0131701_1356757.jpg

[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-26 13:34 | 音楽・芸術
Yankees!
アメリカのメジャースポーツは、結局野球とバスケしか見られなかったのだが、もう一度野球を見ておこうと思い立ち、ヤンキース戦を見に行った。前回は古いヤンキー・スタジアムだったが、今回は新しくなった球場での観戦だ。
c0131701_2261126.jpg
プレイボールには少し遅れてしまったのだが、席に着いたらちょうどヤンキースがホームランで先制。球場が総立ちで盛り上がったところ、なんとそのまま3打席連続ホームラン。あとはもうヤンキースの圧勝だ。
c0131701_2262989.jpg
席にいながら注文できるホットドッグやビールを楽しみながら、A・ロッドや松井の雄姿を楽しむ。客席と選手が近く、フェンスもネットもないので、臨場感があふれる。メジャーは本当に、観客が楽しむことを目的として球場もサービスも設計していると感じる*。自然と気持ちが昂ぶるのだ。

本当はボストンだからレッドソックスで締めたかったが、こういう気持ちのいい勝ち試合は楽しいものだ。

* 万が一打球が観客に当たったらいけないとフェンスを建てようものなら、何のための野球であり球場なのか、とファンの方が怒ることだろう

c0131701_2265440.jpg

[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-20 23:29 | NYでの生活
Staatskapelle Berlin/Boulez – 最後のカーネギー・ホール
バレンボイムが監督し、ブーレーズがシュターツペレ・ベルリンを指揮するマーラー・チクルスも、最終日となった。最後はマーラー最後の完成した交響曲、第9番であり、最後らしく緊張感があり、悲壮感の漂う演奏だった。

一回前の演奏は第10番と「大地の歌」だったのだが、これはさすがにオケに疲れが見え、決して良いとは言えない演奏だった。だが長丁場だったチクルスも最後とあって、底力が見える。
c0131701_2133765.jpg
1楽章の天地創造的なスケール感、3楽章の激しい進軍、そして4楽章の弦楽器が奏でる寂寥感、どれも味わい深くドイツらしい演奏だった。圧倒的な名演とまではいかなかったが、マーラーの美しさ、恰好良さに胸が動かされる経験だった。

今回でカーネギー・ホールで聴く演奏会も最後となった。数々の名演奏を開いたカーネギー・ホールは、さすが世界の超一流ホールである。ウィーンの楽友協会ホールと並び憧れていたホールは、期待に漏れず幾多もの素晴らしい経験を与えてくれた。

このホールで聴いた名演の数々は一生の思い出となろう。
c0131701_21334226.jpg

[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-16 21:26 | 音楽・芸術
若尾さんの日本-アメリカ交流コンサート
BSOのオーボエ奏者として名高い若尾圭介さんが、日本-アメリカ交流コンサートと題して、日本からトップ演奏家を呼び、ボストンのトップ演奏家とアンサンブルをする「交流試合」を開催した。
(若尾さんご本人による記事)


BSOと若尾さん
若尾さんは、小澤征爾がいた頃からBSOで活躍し、今ではBSOの副首席奏者、ボストンポップスで首席奏者として大活躍している。彼の問題意識として、もっと日本の優れた音楽家を欧米に紹介したいし、また欧米の一流演奏家を日本人と交流させて、お互いを高めあいたいのだという。

これはボストンの地で、日本人ゆえの直接間接様々な障害や苦労をした若尾さんゆえの意識と期待なのだろう。それを結実させるステップとして、この日米交流コンサートが開かれた。

会場となったNECのジョーダン・ホールには、ボストン在住の日本人とボストニアンが多く集まり、辻井領事の姿もあった。ボストン日本人研究者交流会でお会いしている方々も結構来ている。


日米交流試合
演奏は面白く、日米双方が緊張感ある絡みあいをしていた。うまく表現できないのだが、日本人的な味付け、というか匂いといったものが、アメリカ人のそれとちょっと違う。ちょっと違うのだが、さすが皆一流だけあって、それが響きとしては豊かで明るくなる。

前半で大奮闘した若尾さんはもちろん、新日本フィルでコンマスの豊嶋さんはアメリカ勢を圧倒する存在感だ。N響首席ファゴット奏者の水谷さんも、隣で聴いていた友人が「侍のよう」と形容した、真摯で一本筋の通った音楽で日米の交流に花を添えていた。

一方米国勢では、何といってもBSO首席コントラバス奏者のエドウィン・ベーカー氏が素晴らしい。オケの中では何度も聴いていたはずだが、初めてソロで聴くと、恐ろしいほどの技術、コントラバスとは思えない暖かい音色、そして周りを深く感化していく存在感が圧倒的だった。さすが全米トップクラスのバス奏者である。感動したあまり、帰宅後すぐに彼のソロCDを買ってしまった*1
c0131701_1023637.jpg


日本が誇る演奏家
演奏後にはレセプションがあり、初めて若尾さんにご挨拶をする機会に恵まれた。若尾さんは気さくでエネルギッシュで、周りを元気にしていく。豊嶋さんと水谷さんともお話でき、日本に帰って、新日本フィルとN響を聴くのが楽しみになった。

改めて、日本の一流の音楽家が、世界を相手に活躍できる才能を持っていることを感じる*2。これが次の世代へと続く流れができ、若い才能が世界で活躍し、日本にもその果実を還流してくれる好循環ができれば素晴らしい。若尾さんの試みは、その循環のトリガーとなるだろう。

個人的には、日本を代表する管楽器奏者の若尾さんと水谷さんとに挟まれて写真をとることができ、日本人管楽器吹きのはしくれとしては大感激だった。

素晴らしい演奏会だった。


*1 このCDに収録されている、シューベルトの『アルペジョーネ・ソナタ』がまた素晴らしい。現代では絶滅した古楽器のために書かれた名曲であり、チェロではよく演奏されるのだが、コントラバスでは初めて聴いた。バスとは思えない繊細な表現力、表情豊かな音色は、私のコントラバスという楽器に対するイメージを一変させた

*2 この記事を実際に書いている6月には、樫本大進氏が、安永徹氏に続く日本人二人目のベルリン・フィルのコンサートマスターに選ばれた。妻と初めて行ったコンサートが、日本で樫本大進がチョン・ミュンフンらとチャイコフスキー『偉大な芸術家の思い出』を演奏するものだった。その時に彼の素晴らしい才能に感動し、これは大物だと思っていたのだが、ベルリン・フィルでコンマスになるとは、実に嬉しい限りだ

[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-24 23:04 | 音楽・芸術
ボストンにいて、一年で一番日本人であることを実感するのは、この時かもしれない。チャールズ川沿いの並木にある桜が満開になった。
c0131701_848322.jpg

MITのPh.Dの友人達と花見をした。ただマサチューセッツでは屋外で飲酒できないので、コーラで我慢。
c0131701_8495038.jpg

桜は心を浮き立たせる。長い冬がなかなか明けなかったボストンにも、ようやく春か。
c0131701_93728.jpg

[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-23 08:34 | ボストンでの生活
West Side Story - ブロードウェイの醍醐味
今シーズンから、ブロードウェイに "West Side Story" が戻ってきた。さっそく妻と観に行った。

実はウェスト・サイド・ストーリーをちゃんと観るのは初めてだったのだが、さすがにバーンスタイン作曲の名曲の数々は知っている。そして今住んでいるのはその「ウェスト・サイド」だ。当時のニューヨークに思いをめぐらせながら楽しんだ。

さすがに人気は高く、会場は超満員。移民2世とプエルトリコ移民の抗争の話なので、台詞は強烈なスペイン語訛りや、時にはスペイン語なので、時々理解できなかった。だが何といっても素晴らしい歌と踊りがテンポよく繰り広げられる舞台に釘付けで、瞬く間に時が過ぎていった。マンボ、マリア、トゥナイト、アメリカ、サムウェア・・・ いつまでもこのミュージカルが愛されるのがよくわかる。

最後はご存知のとおり悲劇なのだが、劇場を後にした時のカタルシスが心地いい。舞台と会場の一体感も楽しめた。カーテンコールではトニー自らが、HIV患者支援のための募金の呼びかけをすると、帰りに観客がみな寄付をしていったのも、この一体感が大きいのだろう。

ブロードウェイの醍醐味を味わった夜だった。
[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-10 21:06 | 音楽・芸術
Emmanuel Music/Harbison - マタイ受難曲
J.S.バッハの『マタイ受難曲』は、音楽史上最高の名曲に挙げる人もいる素晴らしい作品だ。イエス・キリストの受難の物語を、二つのオーケストラ、独唱、混声合唱、少年合唱で描く。ドラマチックで緻密なバッハの音楽で、キリストや使徒たちの苦悩や悲しみ、群集の狂気と悔悟が生々しく描かれる。欧米では、キリストが受難した、復活祭前の聖金曜日に演奏される慣わしとなっている。

私の最も好きな曲の一つで、昨年BSOでもNYPでも聴き損ねたため、是非とも聴いておきたかった。今日、ボストンのニューベリー通りのエマニュエル教会にて、Emmanuel Musicがマタイ受難曲を演奏すると知り、聴きに行った。しかも指揮はMITのInstitute Professor(MIT最高の職位)で、現代音楽では非常に高名な作曲家であるJohn Harbison教授だ。このエマニュエル・ミュージックはハービソン教授らが創始した楽団だ。

厳粛にて神秘
今回の演奏会は復活祭の一週間前ではあったが、ボストンの音楽愛好家や経験なキリスト教徒が教会に集った。ステンドグラスが美しい。教会なので天井は高く、荘厳な雰囲気に包まれる。
c0131701_4161610.jpg

エマニュエル・ミュージックが入場し、いよいよマタイが始まった。重い足取りでゴルゴダの丘に向かうイエスの姿で始まる第一曲。音楽が次々と展開し、合唱が広がっていく。そこへ、2階席から少年合唱が加わる(・・・と思ったら少女合唱だったのは残念。やはりライブで聴くと迫力が違う。

福音詩家ものびのびと澄んだ声で歌う。他の独唱も、技術的には至らないところがあっても、気持ちがこもっている。

憐れみたまえ、わが神よ
話は進み、最後の晩餐があり、やがてペテロがイエスのことを訊ねられて「そんな人間は知らない(Ich kenne des Menschen nicht!)」と3度否定する場面に至った。鶏が鳴き、己の過ちに気づいたペテロ。そしてマタイの中でも最も美しく悲しい、アルトのアリアが続く。
Erbarme dich, mein Gott,
um meiner Zähren willen!
Schaue hier, Herz und Auge
weint vor dir bitterlich.

憐れみたまえ、わが神よ、
滴り落つるわが涙のゆえに!
こを見たまえ、心も目も汝の御前に
激しく泣くなり

(杉山好訳)
1939年のメンゲルベルク盤のすすり泣く演奏に出会って以来、絶望した時、耐え難く苦しい時に何度となく聴いた、この曲なしに今の私はなかったといえるアリアだ。ハイフェッツ教授の授業の後も、iPodで偶然この曲を聴いたとき、胸に去来するもので涙を流した。

そのアリアを聴いて、思わず手を合わせる。アルトの痛切な祈りに、胸が熱くなった。
この一曲を聴いただけでも、もう満足だった。


曲はその後も続き、イエスが磔刑に架けられ、「エリ、エリ、ラマ・サバクタニ」と神に語り息絶える。
最後は「おやすみなさい、主よ」の合唱で荘厳に、だが切なく終わる。

ハービソンは曲の魅力を引き出すことに専念する。作曲家であるだけに、余計な味付けをしなくとも、曲が自ら語りだすことを理解してのことだろうか。教会という神秘な場所とあいまって、感動的なマタイ受難曲だった。
c0131701_4555127.jpg


(参考)
Magdalena Kozenaによる"Erbarme dich, mein Gott"

[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-05 22:50 | 音楽・芸術
Israel Trek (6/9) - キリスト教の聖地
イスラエルはイエス・キリストが生まれ、キリスト教が発祥した地でもあり、多くの聖地を訪れに世界中からキリスト教徒がやってくる。ナザレやベツレヘムはその中でも名高い。

ナザレと聖母
イエスが育ったとされるナザレは、受胎告知教会が中央に聳え立つ小さい町だ。だが2000年を経たナザレにはアラブ人が多く住み、教会の前には「アラーは偉大なり」の一節が掲げられている。
c0131701_72658.jpg
土産物屋が立ち並び、聖母子の彫像、ヨルダン川の聖水やTシャツまで何でも売っている。ロシアからの参拝者が多く(イスラエルにはロシア系ユダヤ人も多く移住している)、キリル文字があちこちに目立つ。マイクはベラルーシ出身なので、急に居心地がよくなったようだ。
c0131701_724746.jpg
受胎告知教会の内外に世界中から送られた聖母子像が飾られている。その国の文化や歴史を活かした聖母子を描いているのが特徴だ。日本の聖母子像は教会2階の主要な位置にあり、金箔や真珠が使われて煌びやかだ。蟇目鉤鼻の聖母が、着物の袖で十字架のシルエットを作り、黒髪の幼子イエスを抱く。着物の紋は菊と桐であり、天皇家に通じる神性(菊)と、馬小屋で生まれたイエスと似て、農民から天下人となった豊臣秀吉(桐)とを想起させる。天に向けた指は、釈迦の天上天下唯我独尊から借りているのだろうか。
c0131701_7369.jpg
教会内部は2階建てで、1階はイエス生誕を表す遺構がある。厩といっても生誕図によくあるような木造の小屋ではなく、当時の民衆が住んでいた岩穴だ。地にあることで、イエスの人間としての側面を表している。フロアには吹き抜けがあり、光溢れる2階が窺える。
c0131701_743572.jpg
その2階は教会となっており、ミサが執り行われる。天に近い2階で、神性を持った救世主としてのイエスを祀る。この日もミサが行われていた。ステンドグラスが非常に美しい。
c0131701_754127.jpg
受胎告知教会に隣接して、イエスの父ヨゼフを祀る教会がある。当時のユダヤ人社会で、未婚の母だったマリアを娶ることは、非常に勇気が要ったはずで、その勇気とイエスを育てた知恵とを讃えている。父親の威信が回復されたようで心強い。
c0131701_761179.jpg


ベツレヘム
イエスが生まれたとされるベツレヘムには、観光目的では立ち寄らず、ATVという小型バギーで山道を疾走するアクティビティを行った。幼子イエスが山野を駆け巡ったように、山道を、あぜ道を走り回った。
c0131701_7133087.jpg
前日が雨だったため、道に池ができており、運転席にまで水が入ってくるほど。走り終わると皆泥だらけだった。


移動中、ガイドのシャナイがユダヤ人の視点から見た、新約聖書のイエスの記述について説明してくれた。イエスはユダヤ人であり、初期キリスト教はイエス・キリストこそがユダヤ人が待ち焦がれていたメシアである、とする「ユダヤ教メシア派」であった。それがペテロやその後の法王が教義を整えて言った結果、ユダヤ教と分かれてキリスト教になっていった、という。

その経緯から、イエスの記述はユダヤ人の風習に沿ったものが多いという。水をワインに変えた奇蹟は、ユダヤ人の結婚にはワインが必要だという風習が背景にあり、また曜日の表現(ユダヤ教は日曜から1の日、2の日と数え、7日目を安息日とする)もユダヤ教に則っている部分があるという。深いレベルでのユダヤ教とキリスト教の結びつきには、アメリカ人も驚いていた。

私はキリスト教徒ではないのだが、宗教画を見たり、聖書を題材にした宗教曲やオペラを聴いたりしているうち、聖書のエピソードについては親しみをもっている。参加者の中では数少ないキリスト教・ユダヤ教を信仰しない参加者だったのだが、宗教とはどうやって形作られていくのか、どうやって人々に力を与えていくのかについて、まだまだ少しではあるが学んだ。
c0131701_7155291.jpg

[PR]
by flauto_sloan | 2009-03-24 06:11 | Japan/Israel Trek
贅沢は敵 - 寄付に頼る米国オーケストラの苦悩
不況がますます深刻化するここアメリカでは、当然のように嗜好品、余暇、文化活動といった生存に関わらないものへの支出が切り詰められている。いわば贅沢は敵だ、というところか。ウォルマートの "Save money, live better" キャンペーン、テレビ番組での「安くて心のこめてプレゼントを手作りしよう」という企画など、お金を賢く使うことが求められているし、企業はそのニーズに対応しようとしている。

そしてニューヨークのレストラン・ウィークは2月に2週間のはずがどんどん延長し、3月一杯までの『レストラン月間』となっている。そうでもしないと高級店に人が集まらないのだ。

クラシック音楽も不況のあおりで、企業からも個人からも寄付が集まらず、チケットの売れ行きもまた芳しくないようだ。ジュリアード音楽院はようやく改装が終わり、Alice Tully Hall も22日にオープニングするが、華やかになった外見とは裏腹に、寄付が減ってかなり財政は厳しいらしい。

収入の半分近くを寄付に頼っているオーケストラやオペラも大打撃を受けている。寄付の減少による採算悪化を少しでも軽減するため、チケット収入を少しでも増やさねばならない*1。チケット収入は、ホテルのようにホールの稼働率が勝負(空席を残しても、微妙に音響がよくなるくらいでなにもいいことはない。むしろ安く売ってでも席を埋めたほうがよい)なので、MET、NYP、BSOですら、色々なキャンペーンで売れ残ったチケットをなんとか捌こうとしている。例えば
  • METは "Weekend Ticket Drawing" として、週末公演の良席のチケットを、抽選で当たった人に1枚$25の特価で販売している
  • NYPは友人を誘うと特別優待をするなど、定期会員向けのサービスを増やしている
  • BSOは "<40=$20" キャンペーンで、特定の公演に対して、40歳以下なら$20と特価でチケットを販売している
もちろん、このキャンペーンが恒常化すると、観客が廉価にチケットを買えることを期待し、正規価格でチケットが売れなくなってしまうため、あくまで対象を限定した特例措置である。だからBSOなど「ある篤志家の寄付のおかげで、今回このキャンペーンが実現しました」と、一時的であることを強調しているし、METも抽選を行っている。

こうした努力の甲斐あってか、演奏会に行っても人は集まっている。暗い時代だからこそ音楽に癒されたいからか、単に景気が悪くなる前に通期でチケットを買っていたからかはわからない。後者であれば、来シーズンは定期会員も減るだろう。アメリカのクラシック業界も冬の時代に突入してしまったようだ。


*1 出演者が多く舞台装置が大掛かりなオペラや、ホールが借り物の日本のオーケストラでは、チケットを全部正規料金で売っても演奏会は赤字になる。だが演奏の質の維持、文化への貢献から演奏会を一定数しないわけにはいかない。そのため、演奏会開催を所与とすれば観客動員数を高めることは損失軽減の必要条件である
[PR]
by flauto_sloan | 2009-02-20 22:41 | NYでの生活