MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:未分類( 5 )
寓話 - 平和な島のワジン
ある島に、ワジンという哺乳動物がいると聞いたことがある。ワジンはその島にしかいない固有種として独自の進化を遂げ、他にはない生態系を作り上げていった。

気候が変わったのだろうか、ある頃からその島の食料が増え、個体数が増えていった。特に美味しい実のなる植物が多かった島の南東の沿岸部へと、群は移動し密集するようになった。南東沿岸部は土地が豊かで食料も多く、外敵も少なかったため、ワジンの平均余命は伸びていった。驚くべきことに、ワジンが多く生息するほど、肥料が多いせいかこの実のなる植物は早く豊かに成長していった。だが成長スピードには限界があり、程なく増えすぎたワジンの群を維持できなさそうになった。

自然の摂理とは不思議なもので、個体の繁殖率と子育て行動に変化が訪れた。平均余命が伸びたために、繁殖可能期間を過ぎた個体の比率が高くなった。また密集地域での食料獲得競争が激しくなったため、より強い子孫を作らねばならなくなった。一組のつがいが産み落とす平均個体数は減り、その代わり餌を多く与えて育てるようになった。また、親が食料収集に長けてからの方が、幼い個体のうちから餌を多く与えられるため、初産時期が遅くなった。少なく遅く生む結果、ワジン棲息数の増加率は鈍化し、やがて減少に転じた。

島中に群が分散していた頃は、群で子育てをするのが種として合理的だったワジンだったが、密集してからは少ない子を生み、自分の子のみを育てるのが、自らの遺伝子をより多く残せる最適戦略となった。この戦略と整合して、他の個体や群を騙して食料を掠め取る行動が以前よりも見られるようになった。

また、いつごろからか海を渡って、ワジンによく似た近縁種がこの島に棲息するようになった。多くは固有種と棲み分けたのだが、島で個体当たりの食料の分け前が減っていくと、縄張り争いが激化した。個体外見からの判別がつきにくかったため、同種である確からしさが少ない場合は、ワジンは近縁種と見做して徹底的に攻撃するようになった。近縁種のほとんどは、新しい食料採集の方法を群に持ち込んでくれる有益な個体であったのだが、群単位としては共生よりも排斥の行動が顕著に見られるようになった。


今この島を訪れると、ワジンの5分の1以上は生殖機能をほぼ持たない個体であり、雌は生殖可能期間の4割くらい経ってようやく繁殖を行い、しかも多くの場合1度に1個体しか生めないにも関わらず、一つのつがいは生存中に平均して1.3回しか子を産まない。生息数は減少しており、個体あたりの食料は平均すれば生存・繁殖に十分なものの、力のない個体が自力で食料にありつけない確率が増加傾向にある。依然、島の南東沿岸部に棲息数の3分の1が密集している。他の地域の多くは山がちで食料に乏しく、南東部への密集後は、ワジンが従来行っていた集団での食料採集もできず、いまでは群の維持ができないほど棲息数が減少している。

もしこのワジンという動物に感情があるならば、今の平均的な感情は、不安で悲観的で攻撃的だ。ただし攻撃的といっても遠方からの威嚇か、群から異分子を追い出すのが主で、戦闘行為が稀にしかみられないのもこの種の特徴のようである。


もちろんこれは寓話なのだが、このワジンという哺乳動物は何か間違った行動を採っているのだろうか。間違い、とは動物行動学的な間違い(種の拡大を阻害する行動)なのか、人間の価値観をこの動物に押し付けて評価した場合の間違いなのだろうか。その間違いはいつ行われたのだろうか。そして、この島にいるワジンの将来はどうなるのであろうか。

私は、このワジンを観察するに、種としてただ環境に適応・順応し続けているだけのように思える。昔この島を訪れてワジンの群の美しさを賞嘆した人にとってみれば、今のワジンは別の動物のように見えるかもしれない。だがそれは適応した姿なのだ。ただし、私個人という一日本人の従来の価値観を押し付けると、より「正しくない」方向に向かっているように見える。

ワジンは適応性が高いので、島から絶滅することはなさそうだが、何らかの恵みによる食料の増加が起きない限り、南東部以外で群を維持可能な地域への再移住、平均余命の減少、食料にありつけないか繁殖を行えない個体の増加が起きるだろう。

その上で、うまくいけば初産年齢の低下、繁殖率の増加、群による子育て(特に繁殖可能年齢を過ぎた個体による)の復活といった、群の若返りが起きるかもしれない。勿論それはやがて同じ問題を生み、レミングほど極端でないにせよ、個体数および平均月齢がするだけの可能性もある。


人間がこのワジンのような架空の動物と異なるのは、遺伝子にプログラミングされた本能的行動を、意思と知恵によって修正し乗り越えていく力がある点だ。圧制者を生みにくい代わりに本能的行動が是認され易い、民主主義という社会システムの下で、本能や直感と相反する正しい道を見つけ、実行することは非常に難しい。

だがそれをできるのが人間であり、今必要なリーダーだ。民主主義の国アメリカで、オバマ大統領に私が感じているリーダーシップは、こういう人間の動物としての本性を理解した上で、確信的に人々を変えていく力と言葉だ。
[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-14 22:35
冬来たりて夏を思う
最近なかなかまとまった時間がとれず、更新できておりません・・・
授業も架橋に入ってきて、色々と学びが繋がってきております。
来週に授業が終われば、そのうちまた更新していきますので、しばらくお待ちください。

そういえば、ローレンス・サマーズ元財務長官が国家経済委員会委員長として、政府に戻ることになりました。
昨年彼の授業をkonpeさんに紹介されて覗き、次の学期に聴講しようと思っていたのですが、当然ながら授業はキャンセルになってしまいました。残念。

ちなみに彼はMIT学部生だったのですが、当時からあまりに尊大だったので、周囲に
「お前は神の子かよ」
となじられたところ、

「そんなことはない。俺は神の甥だ」

と答えたそうです。

彼の叔父はポール・サミュエルソン、伯父はケネス・アローですからね・・・ (どちらもノーベル賞経済学者)
[PR]
by flauto_sloan | 2008-12-02 23:53
簡にして潔
特に内容はない告知文です。

このブログも、お蔭様で興味をもっていただく方が大分増えてまいりました。
浅学ながらに考えたこと、心が動いたことを書きすさびながら、己の不明と思考の浅さを再発見し続ける拙文なのに、興味を持っていただけるとは有難く、またお恥ずかしい限りです。

そんな拙文なのですが、主要読者にして屈託のない感想をいつもぶつけてくれる妻に、
「回りくどい表現が多すぎるし、そもそも長い」
と言われ続けています。(確かに上の段落は回りくどい)

昔から「簡潔に」は言われ続けていました。
在原業平に倣うのは、心余りて字足らずの様式ではなく、歌心と女性を射止める術だけにしておきます(後者はもう必要ないですが)

悪文は拙文に如くはなし。過ちては則ち改むるに憚ること勿れ。

そこで、今日以降は以下の二点を改めます。
1. 敬体の廃止…常体のテンポを好むため。もともと敬体で文を書くのは苦手でもある
2. 文章の簡素化…余計な麗句で字面を踊らさず、簡素に潔文を志す

以上、告知まで。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-01-14 00:54
邯鄲の歩み
昔、邯鄲(趙の都)に上京した青年が、都びとの優雅な歩きに憧れ、
かく歩きたい、と真似をして、ああでもない、こうでもない、としているうちに、
ついに歩き方を忘れてしまい、這って故郷に帰ったと謂います。


初雪が降りました。
いよいよ冬です。


日も短くなり、陰鬱な気分になりやすいこの季節。
歩き方を忘れてしまっても、雪が降るので、家には這ってでも帰らなければ。
という焦燥感。
[PR]
by flauto_sloan | 2007-11-19 03:08
能文で世を動かす
韓非は、私の尊敬する歴史上の偉人です。

中学生の時にその著である『韓非子』に出会い、その説話を豊かに使いながら、冷徹に現実を分析し、為政者の振る舞いやコミュニケーションを説く、というスタイルと内容に惚れ込みました。若さとあいまって、韓非の説く性悪説、功利主義や法治主義といったものにかぶれました。

長じてからも折に触れ読み返してみると、改めてその洞察の深さに感慨深くなります。説林篇などは、説話集として読んでも充分面白いものとなっています。コンサルタントは性悪説でないと務まらない、という意見もありますが、確かに韓非子で学んだことは、人の行動を読む上で非常に役立っています。


そして思想以外に韓非に傾倒したもう一つの理由が、吃(どもり)だったという事実です*1
生来吃音がひどかった韓非は、説客として諸国で論陣を張るのではなく、著書にて深遠な思想を書き表していきました。

春秋戦国末期の当時は、諸子百家と呼ばれるように様々な思想が花開き、それらの思想を持った論客が諸国を遊説し、諸君主に認められると重臣にとりたてられる、という実力主義の(それもコミュニケーション能力が過度に重視された)社会でした。
その中で、吃音の韓非は致命的なハンディを持っていました*2

しかしそのハンディに屈することなく、むしろ強みである文才を遺憾なく発揮し、『韓非子』を著します。これが秦の始皇帝(当時は秦王・政)の眼に留まり、感激した秦王は韓非を迎え入れ、重臣に据えようとします。

残念なことに、韓非と対面した秦王は、期待していたような頭脳から溢れる弁舌を聞けず、吃である韓非に落胆してしまいます。一方で韓非の才能を妬み、自分の地位を危ぶんだ宰相の李斯(荀子のもとで同門といわれる)の讒言によって韓非は無実の罪で投獄され、毒殺されてしまいました。秦王は赦そうとしており、韓非の死を後悔したと云います。
しかし韓非の死後もその思想は秦の法や制度に反映され、秦の中原統一の原動力となりました。
(秦王が韓非を重用していたら、秦も三代で潰えることなく、漢王朝のように数百年続いていたかもしれません)

Oral communication のスキルがたとえ低くても、考えを伝える上で効果的なコミュニケーション手段とスタイルを見出せば、世界を動かすことができる。
必ずしも能弁家ではない私に、この韓非の生涯は勇気を与えてくれました。
もっとも、oral communication は重要なので練習していますが…
私ももっと筆が立つように精進しないと、と改めて思います。


最後に、気に入っている有名な説話『守株』を紹介(「待ちぼうけ」の原作)します。

宋人に田を耕す者あり
田中に株あり
兎走りて株に触れ、頸を折りて死す
因りて其のを釋(す)てて株を守り、復た兎を得んことを冀(こいねが)ふ
兎復た得べからずして、身は宋国の笑ひと為れり

・・・成功体験があっても、それに拘泥していてはいけない。時代・状況が変わればその体験を成功たらしめたものも易わるので、常に見識を高め、時代に即した考えや行動を柔軟に取らなければならない、と私は読んでいます。

*1 全編を読んでいただけば判りますが、どもりの方を差別する意図はありません
*2 韓非は韓の公子だったと言われていますが、若いころに韓が滅ぼされ、諸国を回らざるをえなくなりました

[PR]
by flauto_sloan | 2007-11-12 23:24