2008年 09月 25日 ( 1 )
Vogel塾 - 出会い
今年度のボーゲル塾が始まった。

昨年、池田さんや私のブログ等々で知名度が上がったのか、今年は非常に入塾希望者が多かった。先生のお宅に溢れんばかりの学生。

顔ぶれは相変わらず多様で面白い。ケネディやUS-Japanといったハーバード勢が多いのは変わらないが、教育大学院からも多く来ている。スローンからも何人か参加している。

今日は先生のご挨拶と入塾希望者の自己紹介だけで終わったが、面白い経歴をお持ちの方も多く、これからが楽しみだ。


まずはテーマ決定が重要だ。私が感じている日本の抱える課題は少子高齢化。
ただ少子高齢化自体が課題とは思っておらず、少子高齢化を前提と受け入れたときに、社会システムがどう変わると最適なのかが問題と思う。更には、その新たな社会を人々がどう受け入れ、適応していくのかが大きな課題だ。

…と書いてしまうと、前回のアジア経済統合の是非以上に広範なテーマになってしまう。だが一年をかけて取り組むには骨応えのあるテーマだと思う。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-09-25 23:48 | Harvardでの学び