MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
家族でRedSox観戦
父親のみ早朝に帰国し、今日は母親を妻と二人でBoston Red Soxのゲームに連れて行った。ちょうどRed Soxはプレーオフ進出が決まり、だが地区優勝を逃したことも決まっていたため、Yankeesとの因縁の一線でありながら消化試合となっていた。

だが、一昨日の大雨で試合が流れた結果、松坂がスライド登板で先発となった。わざわざ日本から来た母に、松坂を見せることができるとあって嬉しい限り。この日はダブルヘッダーで、私たちは第一試合を見に行く。

c0131701_10254149.jpg不安なのは天気。天気予報では「レッドソックスの第一試合は大丈夫です」と言っていた(テレビの天気予報で野球の試合にまで言及するのがボストンらしい)。もし雨ならば、残念だが車を借りて郊外のアウトレットへ行く予定に。

昼ごろになって晴れ、喜んでフェンウェイへ。母はフェンウェイに来るのは初めてで、活気溢れる球場に入ると嬉しそうだ。Red SoxのTシャツを買って、いざ入場。

c0131701_10261381.jpg松坂が球場のスクリーンに映る。今日勝てばメジャーでアジア人最多勝記録タイらしい。いよいよプレイボールだから、ビールを買って来た。だが席に戻ると大雨。ボールボーイたちが慌ててシートを引き、グラウンドを濡らさないようにしている。


むむむ、ビールはおあずけ。
このまま雨で流れたら運転しなきゃならないからだ。

止んだりまた降ったりを繰り返して1時間、ようやく晴れて試合開始。これだけ待っても帰る人がいないボストニアンはさすがに辛抱強い。ビールはすっかり気が抜けていた。


c0131701_1027731.jpg松坂は三振を次々と奪い、球場を湧かせたものの、4回に打たれて降板。それ以降もRed Soxは不利な試合運びで、途中岡島が好投したものの、打線が続かない。終盤でようやく得点が入り、消沈していたファンが復活したものの、結局そのまま負けてしまった。

試合には負けてしまったものの、松坂も岡島も見られたし、得点するときの馬鹿騒ぎも見られたので、面白いゲームだった。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-09-28 23:03 | 家族
<< 本の紹介『恋愛ニセ科学 -恋の... 日本人研究者交流会 - 黄昏を... >>