MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Geek talk
会社の後輩がボストンに来ていたので夕食を一緒にしたのだが、研究室の頃を思い出すような楽しいGeek Talk(オタク話)だった。

夕方に学校から帰って、久しぶりに会社のメールを確認したら、後輩から
「急ですがボストンを訪問するので、よかったらご飯をご一緒に」
といった旨のメールが。

後輩に慕われるのは悪い気がしない。では会おうと思い彼の示したスケジュールを見ると、なんとその夕食とは今日ではないか。もう既に夕飯時だ。すぐに電話し、ハーバードスクエアで会うことにした。

集まったのは6人。後輩の大学時代の友人がボストン大学で学んでいて、その友人を集めたところこの人数になった。MIT3人、ハーバード1人、BU1人に後輩という面子で、全員理系。

お酒が入ると、皆夢や興味を熱く語りだした。

特に日本の教育問題は皆思うところがあり、議論が白熱した。海外で奮闘している皆(私も含めて)が痛感しているのは、海外に出たときの日本人のひ弱さ。それは海外で泣きながら自分の立ち居地を見つけ、語学のハンディを負いながら議論をし、生き残ることでやっと克服できる*1

そうして死に物狂いで生き残ると、文字通り世界の第一線を知ることができる。その時に振り返って日本を見ると、ビジネスもアカデミズムも内向きで、世界で戦う必要性をわかっていない。なまじ日本の市場や学会が大きいために、その中で一定の地位を得られれば当面は安泰だ。だがそれは茹で蛙のようなゆっくりとした破滅の道かも知れない。

そして他のアジア人(特に中国)が世界で活躍しているのを見て、「彼らは品が無い」といった揚げ足取りに近い言いがかりをつける。だが世界で活躍している彼らを目の当たりにしている我々にしてみれば(もちろん確かに品が無いアジア人もいない訳ではないが)、日本人が自分で精神的優位を無理やり作ろうとしているように映る。負けている状況を認めないために。

日本が経済も学問もグローバルに戦うことが本当に必要かどうかは、議論が残るだろう。茹で蛙になるほうが、鍋から出て戦って蛇に飲み込まれるよりも幸せかもしれない。だが一度外に出て生き残った側から見ると、世界は戦う価値があるし、茹で蛙になるにしても世界を正しく理解し(知ったつもりではなく)、客観的な判断材料を揃えた上での判断でなければ、ただの自殺行為だ。

といった、熱い議論を交わしていた。


だがいつしか話の方向はどんどんマニアックな方向へ。

日本の、世界の飛び地はどこにあるのか。そこから派生して、四色問題が問題となるような3方を別の地域に囲まれた国、州、あるいは市町村はどこにあるのかをわいわいと話し、果ては四色問題からNP完全の話になって、ぷよぷよがNP完全である、というような話に発展した。

研究室の頃を思い出すオタクっぷりだ。さすがは皆ボストンでドクターをやっているだけある。


解散した後のメールのやり取りもオタク続きで、MITの友人が実験物理の最先端、LHCの実験が9月10日に行われるという情報に加え、それがブラックホールを引き起こして地球を破滅させるかもしれないという訴訟、そしてそのLHCの紹介ビデオ(必見!!)まで紹介してくれた。ひとまずまだ生きているので、ブラックホールは発生しなかったようだ。

いやあ、非常に懐かしいノリで、楽しい飲み会だった。おかげで後輩にあまりスローンのことを教えることができなかったが……

c0131701_453255.gif

GoogleのトップページもLHCを取り上げていた

*1 もちろん、海外に出ることそのものがよいわけではなく、ただインドやネパールを放浪する「外籠り」では何も得るものは無い(当人はあると言い張るだろうが)。汗と涙を流して生き残る経験(一種のイニシエーションとなろう)が必要である
[PR]
by flauto_sloan | 2008-09-09 23:44 | ボストンでの生活
<< 時代の節目 因果関係 >>