MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Tanglewood 音楽祭 - Haitink/BSO
c0131701_1337560.jpgTanglewood Music Festival へついに行ってきた。昨年はボストンに来たのがオリエンテーション直前だったため機会がなかったが(代わりにNYフィルがNYのセントラルパークで演奏するイベントには妻と妻の友人と参加して来た)、今年は何度か行けそうだ。

タングルウッドでのピクニック
c0131701_13381270.jpg残念ながら妻は帰国中で参加できなかったが、ボストン在住の日本人の友人とピクニックを兼ねて一路ホールのあるLenoxへ。開場と同時に入場し、舞台に最も近い芝生席を陣取り、皆で持ち寄ったご飯を広げてピクニック。食後はフリスビーなどで遊んで開演を待つ。

c0131701_13385387.jpg途中で、小澤征爾ホールにてピアノ5重奏のコンサートがあった。木造の可愛らしいホールで奏でられるアンサンブルは、なかなか緻密だった。食後の心地よさを誘ってしまったが。

ハイティンクのマーラー
指揮者はベルナルド・ハイティンクで、曲はマーラー交響曲第2番「復活」だった。魂が震える程とまではいかないが、BSOも好調で名演だった。冒頭を初めとした低弦の緊張感、木管の歌わせ方と絡ませ方といい、ダイナミクスの幅といい、しっかりと作りこんでいる。大きな意外性やテンポの変化は少ないが、緻密なマーラーだった。

c0131701_13394114.jpgそしてやはり「お祭り」だ。楽団員は白服を着ており、そこもまた非日常さがあって好い。芝生席ではワインやビールを飲みながら聴いている。マサチューセッツ州は屋外での飲酒は禁止されているが、タングルウッドは例外とされているので、日本の花見感覚で皆楽しんでいる。

場所が屋外なので(私は屋根付きの席で聴いたが)、シンフォニーホールにはない雑音(駐車場からのクラクション音など)はあるが、そこはお祭りなので気にしない。ただ気になるものもある。歌のソロはマイクを使っていたため、舞台に近い席でもスピーカーから聴こえてくる。そのため音質と音量のバランスが崩れてしまい残念だった。とはいえ、歌の出番は少ないため、総じてマーラーの音楽を楽しめた。


次は来週の五嶋みどり。これも楽しみだ。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-07-12 23:54 | 音楽・芸術
<< J.S.バッハと初音ミク 『知的生産の技術』とブログ >>