MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
出会いと別れと学び
6月は日本であれば桜の季節であり、出会いと別れの季節である。今日はトリプルヘッダーで友人との出会いを喜び、再会を楽しみ、別れを惜しんだ。

昼にはボストン日本人研究者交流会でお世話になったMGHの先生と、同年代の日本人10名ほどで飲茶を楽しんだ。相変わらずボストンは様々な人が集まっている。医学、法学、ビジネス… それぞれお互いに学ぶところあり刺激するところあり、いつもながら面白い。妻の同僚の方とも楽しいお話が出来た。

夕方には、いまやボストンの人気ブロガーとなっためい&ひで夫妻East Coast Grillで晩御飯を食べた。夫妻とは大学のオーケストラから一緒で、気が付くともう随分長い付き合いだ。お子さんがとても可愛く、幸せな家族の笑顔を見ていると、和やかな気持ちになる。

夜にはMIT Sloanに今度入学する方で既にボストンにいる人達と、Sloan Fellowsの方たち、さらにはまだボストンにいる卒業生の方との交流会に。このブログをお読みの方が多くていささか照れる。様々なバックグラウンドを持つ新しいSloan仲間からも、是非多くを学びたい。

アメリカではDiversityが学びを生み出すと考えているため、小学校から多様性を大事にしている。違い・差があるからこそその違いの理由と意味合いを考え、自分を相対化し、考えを深めることが出来る。

ボストンの日本人も、人種が同じというだけで多様性に富んでいる。文化ですら、生まれ育った環境、働いてきたで異なる。必要なのはその違いを際立たせ、オープンに話し合える環境だ。日本になくて(あるいは少なくて)ボストンにあるのは、この凝縮された多様性と環境であり、日本人間からの学びも多い。残り一年も多くを学びあいたい。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-06-21 04:10 | 交友
<< MIT卒業式 - Change... Cape Cod - 風光明媚 >>