MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Vogel塾 - 盃
ボストンにてVogel塾の最終勉強会と懇親会があったので、一晩だけ帰ってきた。多くの友人が卒業し、日本或いは米国で再び活躍すべく旅立つ。彼らと出会え、様々に議論できたことは素晴らしい経験だった。

他のグループの発表や、自分のグループの発表を廻る議論がやはり面白い。日本がアイデンティティを確立し、アジアの中で政治・経済でリーダーシップを執るには多くの問題が山積している。特に歴史問題は根深いが、「謝罪した」と世界中に認識されているドイツとの比較、日本が開戦した経緯を客観的に分析し再認識する学問的流れ、では日本が国レベル、個人レベルで行うべきことの議論は非常に面白くまた知らなかったことが多く、改めて塾生の見識と意識の高さに感心しきり。

c0131701_5503288.jpgその後の懇親会では、官僚や弁護士、さらには物理の院生まで幅広い顔ぶれで、酒を交わしながら日本経済を金融、サービス、ハイテクと論点を発散させながら、何が課題でどうすべきかを熱く議論する。日本で十分な業界知識・専門知識を備え、そして組織や肩書きから開放されてボストンの地でアメリカという巨大な装置に刺激を受けた上での議論は、さながら何でもありの異種格闘技。

例えばサブプライム問題に苦しむアメリカの金融機関と来るべき不況と、グレーゾーン金利の撤廃であえぐ消費者金融とその周辺(?)業界の不況とを、法律、ビジネス、政策の面で比べていくと、似ているところと似ていないところ、長短功罪が見えてきて面白い。ババ抜きを皆でしていて、場がお開きになった時、アメリカではGSだけがババを全部他所に取らせていたようなものだ、云々と、酒が入りつつも頭が様々な角度から刺激されて面白い(過激トークとなったため詳細は割愛)

ビジネスも政治も、大きな意思決定は、少人数の個人的な議論や意思決定で下されることが往々にしてある。国に帰った同胞が、何かのきっかけで再会し、「日本のためにこれをやろう」と意気投合して、新しいことをする時がきっと来るだろう。松下村塾の学びが新政府の意思決定の根底に流れていたように。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-05-23 23:50 | Harvardでの学び
<< 免許取得と自己アピール NY-Boston - バス業... >>