MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
100K Business Plan Contest
MIT全学を挙げての一大イベント、100K Business Plan Contest が行われた。起業家の使命に社会的責任が求められるようになっていると感じる結果だった。

MITでは、学内で生まれる様々な新技術を用いての起業が盛んである。音響機器メーカーのBOSEはボーズ教授が自分の音響理論を実践するスピーカーを作るために設立された。当然教授だけでなく学生にも自分の技術やアイディアで起業しようと言うエネルギーを持った人に溢れていて、そんな彼らが活躍するのが、この100K である。

このコンテストではその名の通り、学生チームが新たなビジネスプランを生み出し、その新規性や事業性を競い合い、優勝チームには$100,000が与えられる。数年前まで10Kだったのだが、最近賞金が10倍になった。また、今年からバイオ、モバイル、航空など部門別に選抜が行われるようになり、より専門的なエッジの効いたアイディアへと磨かれるようになった。

スローンのMBA生は、エンジニアリングPh.D生のアイディアを上手くビジネスプランに落とし込み、短時間で魅力的にプレゼンテーションすることで貢献することが多い。ファイナリストにはクラスメートで元同僚のIB君がいて、携帯を使った室内位置補足システムを熱く紹介していた。日本人ではShintaroが参加してセミファイナリストとなり、実際にVCや弁護士にビジネスプランを叩かれ磨かれ、多くを学んだらしい。

優勝したのは、発展途上国の貧困地域での公衆衛生向上に貢献する新商品だった。物資も施設もなく、健康状況がわからない多くの子供を簡便に診断するためのキットで、プレゼンテーションを見ていて非常に感銘を受けた。そしてやはり優勝していた。

ただこれが他のアイディアよりもビジネスとして大きな規模になるかというとそこは疑問である。企業の社会責任を考えることが昨今非常に重要になり、HBSポーター教授の一大テーマでもあるが、起業家にもいかに金儲けするかではなく、いかに社会的使命を果たすかが求められてきているのだろう。

実際、ファイナリストに残ったアイディアの大半は、単なる消費者の不便さを解消するだけではなく、なにか社会的な課題(戦時における負傷兵の帰還支援、代替エネルギーの効率化など)に寄与している。非常に見ごたえのあるプレゼンテーションだった。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-05-14 23:13 | MITでの学び(非MBA)
<< 最高のチーム 角上 >>