MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
開発と正義
MITのInternational Development GroupのBalakrishnan Rajagopal教授が、"Is development good?"という刺激的なタイトルで講演をした。昼を一緒に食べたkonpeさんと聴きに行く。開発の現場をよく知る教授の、冷徹な正義感が窺えた。

教授はカンボジアにて国連の人権高等弁務官として働き、今も人権擁護のNGO活動などをしている。そんな教授が語るに、開発は多様な意味を持つし、その善悪もまた視点によって大きく変わる。だが開発の意義と評価を考える上で重要な視点・変化として、教授は以下の5つを挙げていた。
  • 重要で意味のある干渉ができなくなったこと
  • 開発が多くの矛盾を内包し、正しい答えも転用可能な性質もないこと
  • 「これをやらねば」という政治的責任から、「これはできない」という官僚的無責任へと政府が変質してしまっていること
  • 社会的責任や道徳から、自己の利害へと関心が移ってしまったこと
  • 官僚が実行できるレベルに開発の目的が狭まってしまったことと、そんな官僚たちを説得するための手段が限られてしまったこと
それでも途上国で開発を実践するためには何がまず必要なのか、という問いに対し教授は、法や規則を整備することが重要であり、受益者や責任を持つべき者に、正しくコストやリスクを振ることがまず必要である、と答えた。

この答でふと、人類は基本的なレベルでどれくらい進化したのだろう、と思ってしまった。春秋戦国の混沌とした中原で、儒の理想に対して現実を直視した、法家の商鞅や韓非が唱えたことはまだ生きているのか。人の営みの根源とはなにで、国家の礎とはなんであろうか。問いが問いのまま深まった。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-04-29 23:25 | Guest Speakers
<< MITのアングラ 篤志家の母校愛とアメリカン・ドリーム >>