MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
寮の更新 - Sidney-PacificからNew Ashdownへ
来年度の住処を何とか確保した。今住んでいるSidney-Pacificの隣に新しくオープンする "New Ashdown"という寮に移る予定だ。

MITの寮
MITの大学院生向けの学生寮は、家族向けと単身者向けに分かれる。家族向けは2年間のMBA期間中ずっと借りられるのだが、単身寮は多くが一年単位の契約である。そのため、今住んでいるSidney-Pacificの契約も、8月で切れてしまう。

8月以降の住処をどうするのかは頭の痛い問題である。寮は新入生が優先的に割り当てられる。早く生活を立ち上げ、学校に慣れてもらうには寮がよい、という思想である。そのため、1年生は寮の抽選にあぶれることは殆どないが、2年生に上がる時の再抽選では出回る物件が少なく、倍率が高くなる。中でも施設が充実し新しいSidney-Pacificは人気が高く、昨年は一人部屋の倍率が6倍にもなった。

抽選に外れると、当然自分でアパートを探さねばならないが、家賃はだいたい月1500ドル、場所や設備を選ぶと2000ドルくらいにはなる。寮だと1000ドルちょっとなので、学生にとってこの差は大きい。また、単身寮は家具つきだが普通のアパートは家具がないので、机やベッド、箪笥等を調達しなければならない。やはり寮が楽だし安い。

また私の場合、時折フルートを吹くので、音楽練習室が欲しい。フルートは私にとって精神安定剤のようなもので、辛いときでも楽器を吹いていると心が安らぎ、落ち着く。普通のアパートではなかなか音を出すわけにもいかないので、やはり寮が望ましい。

New Ashdown
そんなMITの寮だが、今年一番の変化は、New Ashdownの開寮だ。Ashdownは100年の歴史を誇るMITの代表的な寮(寮としては75年)であり、もとはホテルだったのを改装したため、ボストンらしい重厚な建築である。Konpeさんはそこの住人だ。そのAshdownが廃寮になり、Sidney-Pacificのすぐ隣にNew Ashdownという寮を立てることになった。

旧Ashdownの寮生が優先的に入寮するのだが、部屋数が増えるため、大学院2年生以降の需給バランスが改善される。結果、昨年6倍だったSidney-Pacificの単身一人部屋の倍率も2倍くらいに下がるのではないかとみられる。

私はそのNew Ashdownのオフィサー(寮運営委員)に立候補し、無事に選ばれた*。オフィサーは部屋が確保されるので、これで来年は今の家賃を維持でき、家具も買わなくてよい。引越しも隣なので100メートルの移動で済む。そしてなにより、この新しい寮の歴史あるコミュニティーの中に入れるのは、よりMITのコアな部分を知ることができるので、面白い。部屋の確保とコミュニティ立ち上げに惹かれてか、オフィサーの数も大幅に増えた。スローンからも、私の他クラスメートが一人オフィサーになっていた。

いずれにせよ、来年の住処が早々に決まったのは非常に嬉しい。楽しい2年目にしたい。


余談: キッチンサプライのオペレーション最適化(予定)
オフィサーの役職はいくつか希望を出したのだが、結局空き状況などから、キッチンサプライという地味な仕事に。共有キッチンの洗剤などが無くなっていないかチェックし、購入し補充するという、コミュニティビルダーというよりは裏方的な仕事である。

ただオフィサーのキックオフミーティングで前任者に聞いてみたら
「簡単そうな仕事に思えるでしょ? でもね、こんなに洗剤が早くなくなるなんて思いもしなかったわ。2週間に1回は3ダース入りの洗剤を買いにいかないといけないの」
とのこと。これが新しい寮になるとどのくらいの頻度になるのか予想がつかない。ただしこれはオペレーション入門で学んだことのよい応用になると思う**。楽しみながら寮のコミュニティに貢献しようと思う。


* ちなみに、Sidney-Pacificの私の部屋からは建設中のNew Ashdownが見えたので、だんだんと寮が出来上がる様子を見ているうちに、愛着が湧いていた。そのことも大きい。あとは、S-Pのオフィサーの立候補締め切りを逃したので、まだ募集中だったNew Ashdownに応募せざるを得なかったという事情もあったが。

** まずは2ヶ月ほど洗剤の消費量を観測し、需要予測をし、必要な在庫水準を見積もり、購買頻度と量を無理のないように調整する。他にも色々と工夫のしがいがあり、上手くいけばそれ程手間をかけずにキッチンサプライの最適化ができるだろう

[PR]
by flauto_sloan | 2008-04-16 23:41 | ボストンでの生活
<< Levine/BSO - Ma... 去る者と来る者 >>