MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Vogel塾 - 知不知
Vogel塾での議論も佳境に入り、チームに分かれて議論していた個別の内容が統合されてきている。アジア経済と日本の関わりをどう考えていくべきか、熱い議論とボーゲル先生の若者への期待がボストンの夜を盛り上げた。

今日は私のチームの分析結果の発表であった。事前に学生だけで一度議論したのだが、つくづく自分が余りに物事を知らないということを気付かされて刺激的だ。政策、貿易、マクロ経済… いずれも私はボストンに来て初めて明確に意識したものであり、そしてここの塾生たちは職場や学校(Kennedy Schoolの学生が中心)で深く学んでいるものである。当然同じ土俵で議論すると、知識には比べようの無い大きな差があるので、ぐりぐり焼かれてしまう。それがまた楽しい。

経験・知識の範を超えて難しいからこそ面白いし、常に新しいことを学べる。何より周りの志士達から多くを学ぶ。よく言われることだが、comfort zoneから足を踏み出すことで成長に繋がる、ということを実感する。

そしてボーゲル先生のコメント、視点、メッセージは非常に深い。先生は常に日本を世界の文脈で語り、若い日本人を時には厳しく、時には優しく鼓舞する。多くの政治家や経済人との繋がりを持って、学び学ばせることを生涯行い続けている。こんな先生に師事できることがまさに貴重な経験だ。

ついに今年の塾も次回で終わる。全体のリーダーのYさんも、私の分科会リーダーのIさんも、同じグループで高校後輩のY君も卒業してしまうが、日本に帰っても交友を続けていきたい。同門の士として。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-04-10 23:31 | Harvardでの学び
<< 三谷先生との意外な出会い 或るMBA生の夏 - Life >>