MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
或るMBA生の夏 - Life
MBA生とインターンシップ
多くのMBA生にとって、夏はインターンシップの季節である。インターンは就職活動の一環であるし、これまでと違った業界を知る機会である。MBAで学んだファイナンス、戦略、組織論などを実践する場でもある。

Sloanの日本人学生諸兄も、半分以上はインターンを行う。行き先はPE、投資銀行、コンサルティング等々様々である。これらはMBA生の人気業界でもあり、その一角である弊社もインターンを受け入れている。有意義な夏となることだろう。

では私はこの夏をどうするのか、とよく聞かれる。

色々考えた結果、『アメリカ一周』をすることにした。


アメリカ一周という決断
ではなぜアメリカ一周なのだろうか。悩みに悩んだが、自分が今一番したいことであり、長い人生でも重要だと思えることなので、決断した。

「王道」を嫌う性格と、2年間知識のインプットに注力したい考えとから、そもそもインターンはしないつもりだった*1。華々しく精力的な、MBAらしいブログを期待していた読者には申し訳ないが。

一方でアメリカの学校を選んだ理由は、政治・経済・軍事で世界をリードする超大国アメリカを知りたいからであり、そのために一度この国土を回りたい、という思いがある。地政学的な初期条件が思想や行動に与える影響は大きいという考えを持っているので、ぐるりと回ってその国土の広大さ、農業の効率、人種構成の違い、風土や文化の違い、人々の性格の違いなどを感じ取り、少しでも理解したい。

さらには新婚の妻と3ヶ月水入らずで過ごせるというのは、この上なく貴重な時間だ。普段はボストンとNYと離れているし、これだけ長い期間一緒にいられるのは、今回を逃せばあとは定年までないだろう*2。財布に余裕があるわけではないので、節約倹約の貧乏旅行になるだろうが、楽しみである。

決断に付きまとう不安
ただ実際は、インターンをしないというのは勇気のいる決断だった。成長の機会損失という不安が、周囲のインターンへの期待感で増幅される*3

だが最終的に自分を後押ししたのは、次のメッセージだった。

コカ・コーラのCEOによるスピーチ "Life"
激務だった新入社員の頃に同期から回ってきた、コカコーラのCEO(当時)のスピーチだ。このメッセージを読み直して、自分の中での優先順位を再確認できた。非常に深い一篇であり、とても好きなスピーチだ。
Imagine life as a game in which you are juggling some five balls in the air.
You name them – work, family, health, friends, and sprits and you are keeping all of these in the air.

You will soon understand that work is a rubber ball. If you drop it, it will bounce back. But the other four balls – family, health, friends and sprits are made of glass. If you drop one of these, they will be irrevocably scuffed, marked, nicked, damaged or even shattered. They will never be the same.


You must understand that and strive for balance in your life.

How??

Don’t undermine your worth by comparing yourself with others. It is because we are different that each of us is special.

Don’t set your goals by what other people deem important. Only you know what is best for you.

Don’t take for granted the things that are closet to your heart. Cling to them as you would your life, for without them, life is meaningless.

Don’t let your life slip through your fingers by living in the past or for the future.

By living your life one day at a time, you live All the days of your life.

Don’t give up when you still have something to give. Nothing is really over until the moment you stop trying.

Don’t be afraid to admit that you are less than perfect. It is fragile thread that binds us each together.

Don’t be afraid to encounter risks, it is by taking chances that we learn how to be brave.

Don’t shut love out of your life by saying it’s impossible to find. The quickest way to receive love is to give; the fastest way to lose love is to hold it too tightly; and the best way to keep love is to give it wings.

Don’t run through life so fast that you forget not only where you’ve been but also where you are going.

Don’t forget that a person’s greatest emotional need is to feel appreciated.

Don’t be afraid to learn. Knowledge is weightless, a treasure you can always carry easily.

Don’t use words and time carelessly. Neither can be retrieved.
Life is not a race, but a journey to be savored each step of the way.


Yesterday is History.
Tomorrow is Mystery.
Today is a gift; that is why we call it The Present.


*1 するとしたらNYPなどオーケストラの運営組織かな、とも思ったが、魅力的なポジションがないので諦めた
*2 妻の両親が米国にいた頃に、やはり米国一周をして非常に楽しかった、と語る様子を見て、益々この旅への魅力を感じた
*3 最近習った行動経済学を自分に当てはめてみて、実際の機会損失は実は大きくないのだ、などと分析もしてみたが、あまり意味は無かった

[PR]
by flauto_sloan | 2008-04-10 20:55 | MITでの学び(MBA)
<< Vogel塾 - 知不知 Sales - IBM VP ... >>