MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Sloan Latin Conference - Prof. Noam Chomsky
今日はSloan Latin Conferenceとして、南米のビジネスについて議論し、交流を図るイベントがあった。ラテンとは特にゆかりは無いのだが(友人は多い)、お目当てのkeynote speechがあったので少し顔を出した。MITのInstitute professor(各分野で非常に大きな功績を残した教授に贈られる、最高位の名誉称号)の一人である、Prof. Noam Chomskyが講演するのである。

c0131701_17154873.jpgチョムスキーと言えば、言語学の大権威である。私は言語学には明るくないが、ノーベル賞受賞者とInstitute professorの講演には基本的に参加しようと思っている(ミーハーだが)。教授は国際関係に関する積極的な発言でも知られている。何人か非ラテンの友人が散見されたが、皆チョムスキー目当てだった。

ではそのチョムスキーの講演は… 議題はラテンアメリカの政治・経済の将来についてであったが、時間も短かったこともあり、余り深い内容にまでは入り込めなかったようだ。大きな感銘を受ける、ということもなく少々残念だった。他の聴衆も「あんなにお歳だと思わなかったわ」など、マイルドな残念さを言っていた。


残るInstitute professorのうち、是非話を聴きたいのは

Robert Langer: 生命工学の権威。一度聞き逃した
John Little: オペレーション・マネジメントで登場するリトルの法則の発見者
Thomas Magnanti: Sloan LFMの創立者、オペレーション・マネジメントの権威
Mildred Dresselhaus: カーボンナノチューブの権威
Phillip Sharp: ノーベル生理学・医学賞受賞
Robert Solow: マクロ経済の大学者。ノーベル経済学賞受賞。数年前にMITで最後の授業を行った
Paul Samuelson: ノーベル経済学賞はこの人のために作られたと言われる大学者。もう92歳。

あと一年でどれだけ機会があるだろうか… それにしても、ノーベル賞を取ったくらいではなれないこの役職はすごい…
[PR]
by flauto_sloan | 2008-04-04 15:34 | Guest Speakers
<< 中国への賛否 りごぼん語録 >>