MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
シミュレーションゲーム
c0131701_18525919.jpgいま、オペレーション入門のクラスで工場のシミュレーションを行っている。先週の日曜から今週の金曜までの5日間、いかに工場の生産性を高め、どれだけキャッシュを稼げるかをチームで競い合う。私のチームは、二人ともシミュレーションゲーム好きだということもあり、かなりはまってしまっている…

なかなかよくできたシミュレーションで、機械を買うかどうか、在庫水準をどう置くか、バッチサイズはどう設定するか…色々変数をいじって、その都度納期遅れを起こしたり在庫切れをしてしまったり、となかなか面白い。自分たちがクラスの中でどのくらい業績をあげているのかも見えるため、競争心を掻き立てられ、結果的にこれまで習った、キャパシティ、在庫、バッチサイズなどの復習をし、TOC(制約条件の理論)をどう応用すべきか考えさせられる。

前に仕事で関わった工場のプロジェクトで、隣のチームが実際にキャパシティのモデルを作って、どれがボトルネックかとかいくつ機械を買うべきだとか議論していたのを横目に見ていたので、このシミュレーションがどれほど実践的に作られているのかもよく分かる。勿論、現実は桁違いに複雑だが。

私のチーム(私と韓国人SYL君)はどちらも大手コンサルティング会社出身のアジア人。寮の同じ階に住んでいるので、深夜にロビーで議論しながら進めている。今日は一緒に晩御飯で焼肉を食べたのだが、そこで二人とも光栄のゲームファンだということが発覚。信長の野望に三國志に、ゲーム話に花が咲いた。二人とも今回の工場シミュレーションに異常なまでのやる気を出してるのは、コンサルタントだからではなく、シミュレーションゲーマーの性だったか

ちなみに、コーエー(現在はカタカナ表記)の松原社長はMIT Sloanの卒業生で、個人的にかなり応援している。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-03-03 23:22 | MITでの学び(MBA)
<< Charismatic Vis... VPO/Gergiev - ウ... >>