MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月蝕
Japan Trek の打ち合わせで帰りが遅くなり、10時半ごろに寮へ戻った。
すると、何やら大勢の学生が寮の前や中庭にいるではないか。聞いてみると "Moon eclipse(月蝕)" だという。

部屋に戻って荷物を置き、さっそく私も外へ出た。
ちょうど入れ違いで皆既月食の瞬間を逃してしまったが、まだ月は欠けており、怪しく紅く染まっていた。古代の人が月蝕(および日蝕)を不吉なものと捉えていたのも肯ける。(写真はスローン生が撮り、メーリングリストに流してくれたもの)
c0131701_23323114.jpg

それにしても、さすがMITだからか、さすが独身寮だからか、あんなに沢山の人が寒空の中月蝕を見つめるとは、不思議なものだ。国籍も肌の色も思想も専門も違っていようと、たった一つの月を見て、蝕に感嘆する。自然への畏敬は共通しているのだと感じる。
尤も、アプローチは詩人か物理学者か天文学者かで異なるだろうが。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-02-20 23:13 | ボストンでの生活
<< Positive Thinking 世界を知る - マクロ経済学、... >>