MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
破綻
新学期が始まったばかりで、早くも破綻しつつある…

Sloanは、必修以外で144単位必要で、SIPと呼ばれる特別期間での12単位と、コアタームでのファイナンスを除くと、残り3学期で平均41単位取れば良い(ハーバード等で取得する単位は、適宜単位数が変換される)。1学期内に取れる単位は最大54単位。どこの学校も、平均必要単位数の1.5倍程度を上限と設定し、学生をburn outさせないようにするという。Sloanの2年生の話を聞くと、だいたい今学期は45-48単位くらいを取る人が多いらしい。

一方私はといえば、54単位目一杯、7教科+1聴講という無謀な時間割を組んだ結果、大量のケースと読み物、次々と降りかかる宿題とグループワークで、持続不可能な状態になっている…
ある種の強迫観念になってしまい、とてもじゃないがゆっくり眠れない。3時間以下の断続的な睡眠ばかりで、相当体に無理が来ている。

色々なところで、手違いや連絡のし忘れ等、破綻が生じている。
一度倒れたことのある身としては、身体的にも精神的にも、危険水域に達していることが自覚できる。

まだ導入段階の新学期でこんな状態では、とても持たない。久々に会った両親にも、妻にも心配されてしまった。

死んで花実は咲かないので、様子を見ながら通期1科目を落とし、6教科+1聴講、場合によってはさらに前半の半期課目を落として、余裕が出るの後半に課目を追加しようかと考えている。グループワークのやり方も見直さないといけない。

あ、りごぼんは受講するのでよろしく。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-02-11 03:39 | MITでの学び(MBA)
<< NYにて両親と 研究者の集い >>