MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
日本への誘い - Japan Trek -
c0131701_13305695.jpg3月末の春休みに、Japan Trek と題して Sloan生を日本へ連れていく。日本人の一年生は全員がオーガナイザーとして参加しており、かなり気合の入った旅行となっている。

何せ参加者が200人なのだ。
1学年400人弱の Sloan で200人。4人に一人は参加する計算であり(昨年は120人程)、MITのあらゆる旅行の中でも、史上最大の規模であろう。それだけの人数を引率するのが如何に大変かは想像に難くないが、オーガナイザーはクオリティも過去最高とすべく奔走している。

そして今日、参加者向けの第一回インフォメーション・セッションを行った。私が責任者である。

c0131701_13312756.jpg初回なので、リーダーの2年生にキックオフ宣言をしてもらい、非常に盛り上がったところで、トレックの中核である企業訪問とオプショナルツアーの紹介をした。
今回訪問させていただく企業は、ハイテクから小売、消費財まで9社。ビジネススクール生の訪問を始めて受ける企業も多く、MIT Sloanへの関心の高さが窺え、嬉しい限りだ(勿論その背景には、企業と交渉し、訪問実現へ尽力したオーガナイザーの活躍がある)。

それぞれの担当が、一社(一ツアー)数分ずつのセールスピッチを行い、参加者の興味を沸きたてる。時間内にちゃんと納まることも出来、参加者の満足度も高く、成功裏に終わった。
この先あと2-3回、このようなセッションを行い、日本への理解と興味を深めてもらい、Trekへと繋げていく予定である。

世界中から来たスローン生に、日本のことをよく知ってもらい、将来のネットワークに活かすよい機会である。忙しい中でも遣り甲斐があるというもの。


また、改めて感じたのは、Sloanの日本人学生は非常に多彩な才能に恵まれており、上手くその強みを活かすことが出来れば、非常に素晴らしい結果に結びつくことだ。

皆を瞬間湯沸かし器のように盛り上げる才能、粘り強い交渉力、芸術・デザインセンス、プロジェクトマネジメントのスキル、ユーモアのセンス、ビジネスへの洞察力、等々…
私は責任者といいながら、そんな皆の才能を如何に邪魔しないで発揮させるかに専念すればよかった。
おそらくこの先も様々なトラブルや、困難はあろうが、この勢いとチームワークで乗り切りたい。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-02-07 23:08 | Japan/Israel Trek
<< Dutoit/BSO - デュ... 大局観を学ぶ代償 >>