MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
祭 - スポーツと政治と中国と
一昨日は、アメリカの国民行事である Super Bowl があった。残念ながら Patoriots が敗れ、Red Sox 以来破竹の勢いだったボストンのスポーツは冷や水を浴びせられた。
だが実はスーパーボウル当日私はNYにいたため、大興奮に包まれるNYは感じられた。家の近所で歓喜の叫びを上げる人達がいて、なかなか眠れなかったほど。さすが野球のワールドシリーズと並ぶスポーツの祭典だけある。近所のお店も、
"We close tonight at 5pm due to the Super Bowl.
Enjoy the game!" と張り紙をして観戦していた。


そんなスポーツの祭典に続き、今日は Super Tuesday。授業でも教授が「今日の午後は選挙に行ってください」と言い、Sloan の廊下のテレビもずっと選挙関係のニュースが続く。Sloan生にもObama候補支持のグループがいて、メーリングリストに応援を依頼している。
共和党はMcCain氏が候補になるのはかなり有力になったが、民主党がどうなるのかは今後も見ものである。

Vogel 塾でも、誰が大統領になるのが日本の国益に叶うか、という世間話があった。ヒラリー・クリントン候補の外交政策論文で Japan passing が顕著に見られたことから、クリントンへの警戒心は高い。だがオバマ候補は未知数なだけで、そもそもどれだけ日米関係を把握しているかはわからない。どの視点で国益を語るかに拠るが、マケイン氏なら悪くはならないのであろう。
誰がなるにせよ、貿易量も依然非常に多く、同盟国であり、世界第2位のGDP(中国に香港と台湾を含まない)である日本との関係は重視してほしい。人間はとかく変化量に必要以上に過敏に反応する生き物だが、絶対量を冷静に見られる人物でないと、世界視点でバランスの取れた政策が取れるとも思えない。

そんな日本の行く末も絡んだ Super Tuesday。これも4年に1度のお祭だ。


そして、明日は春節(Chinese New Year)。Sidney-Pacific に中華系スローン生が終結し、New Year Party を行っていた。何故か私の部屋の隣の共有キッチンはスローン生の溜まり場になっており、今日もそこで行われていた。皆で手作りの中華料理を作り、春節を祝う劇や踊りをテレビで見て騒いでいた。
まあ手作りで出来立ての春巻きを分けてくれたから、12時まで賑やかだったが良しとしよう。

そんな、お祭り続きの2月初旬である。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-02-05 23:03 | ボストンでの生活
<< 大局観を学ぶ代償 新学期 >>