MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
コアタームの学びを習う - 概観
コア(必修)タームであったこの秋学期を振り返ると、先日書いた通り、ビジネスの原理原則と、その適用範囲を学んだ半年でした。
つまり、1) ビジネスは複雑化し、事業の全体像を把握することはますます困難になる中、2) マネージャーたるもの事実を把握するための最低限の知識・スキルを身につけたうえで、3) 限られた情報の中で意思決定をするための原理原則を理解し、4) その原理原則が適用できる範囲を把握して正しい判断を行うこと、が重要であると学びました。

カリキュラム全般を通して
主要科目(統計、会計、ファイナンス、ミクロ経済)で学んだ項目をシラバスから改めて確認すると、それぞれで学ぶ内容が密接に関わり、綜合的な理解が進むように上手く設計されています。
c0131701_1323721.jpg

例えば、会計でキャッシュフローについて学ぶと、ファイナンスではキャッシュフローをもとに、各プロジェクトのNPV(現在価値)を算出し、どこに資本を投下すべきかの手法を学びました。その過程で、ミクロ経済ではサンクコストおよび経済コストの概念について学び、前提への理解を深めました。
このように、各課目で学んだことを俯瞰することで、それぞれの理解が進むように作られています。
ここ数年で会計を中心にカリキュラムの改善が進んだようですが、現在のカリキュラムはよくできていると思いました。

全体として学んだこと
1) 複雑化するビジネス環境で、事業の全体像を把握することの困難さ
様々なケースを通じて、マネージャーが様々な過ちを犯したり、困難に直面したりした時にどう行動するのかを考えさせられました。それぞれの判断や意思決定を、何に拠って行うのかは非常に重要なのですが、それ以上に、そもそもどんな時に困難に直面するのかが興味深いものでした。

全体を振り返ると、マネージャーが組織のあらゆる事業に対し、誰が何をしており、どのような事業環境におかれ、どんなリスクが介在しているのかを把握することは不可能ですし、仮に把握できたとしても、この目まぐるしく変化するビジネス環境では、あっという間にその認識はoutdatedになってしまいます。

従って、自分のところへ届いてきた情報を、自分の経験や知識によって咀嚼・理解し、何らかの意思決定基準や行動規範によって決断をしなければなりません。当然、どんなに優秀であっても、全てを完全に理解できない以上、完璧な決断はありませんし(GEのジャック・ウェルチのケースでは、誰もが認めるウェルチの経営の欠点探しをしました)。

コンサルティングをしていると、問題解決の座標空間がMECE (漏れなくだぶりなく) であることを第一に確認しますが、分析し提言を策定する過程では、80:20 (全体の8割は、2割の要素で説明されるという経験則)によって、課題を絞り込み、捨象していきます。最終的には意思決定に必要な精度を保ちつつ、角度の高い提言を作り上げていくのですが、ではその「意思決定に必要な精度」とは何かに関しては、科学ではなく哲学・芸術によって答えが出されます。経営は科学であり芸術である、と謂われる所以です。

レオナルド・ダ・ビンチの時代ではない以上、全ての学問を修め、森羅万象を理解することはもはや叶いません。ビジネスおよび組織の全てを理解することはできない、それを是とし前提とした上で、判断すべき基準や規範、また決断すべき理性と胆力と芸術性を養わねばなりません。
ビジネススクールへ来る前から感じていたことを、ケースディスカッションや勉強を通じて改めて思いました。

2) マネージャーとして知っておくべき基本知識・スキル
事業の全体像は把握できないとしても、必要とされる主要な情報を収集し、分析し、理解するためには、最低限のスキルや知識が求められます。今学期学んだ内容は、まさにその基本スキルといえるものばかりでした。

これまで大学や大学院で学んだもの(統計)、仕事で学んだもの(会計、ファイナンスの一部)もあれば、初めて学ぶもの(経済学)もありました。いずれも、改めて体系立てて、しかも冒頭に述べたようによく練られたカリキュラムで学ぶことで、基本知識やスキルが身に付いたと実感しました。

これは、レクチャー(講義)形式の授業が大半であるSloanのよい点であると思います。大量の宿題を通じて、文字通り手を動かすことで学び、修めることができました。

3) 意思決定に直面したときに、情報が少ない中でも拠り所にすべき原理原則
基本スキルを身に付けることで、情報の取り扱いや解釈ができるようになりますが、ではそこで何を基準に意思決定をすべきか、それを次に学び(始め)ました。

どの科目もまだ基礎的なものなので、個別の現実に即した事例というよりも、原理原則を学んだに過ぎないのでしょう。ただ、ビジネスの現場にいると、目の前で刻々と変化する状況や、複雑で多量の情報に押し流され、ともすれば脊髄反射的な反応、言い換えれば筋の通った信念や基準に沿ったものではない判断をすることがあります。

そんな事態に陥らないためにも、現象をシンプルにモデル化した環境では、原則として何が起き、どう判断すべきかを学ぶことができました。いわば、荒波の中での海路とコンパス(の一部)を手にした状況です。この学びを、これまでの実務経験と照らし合わせ、より効果的な価値体系、判断基準の体系を自分の中に作り上げるのが、今後の課題です。

4) 原理原則の限界
ただし今学期習ったような経済学やファイナンスは、純粋な規範理論でも記述理論でもないのでしょう。その限界、換言すれば前提や仮定、をしっかり認識し、現実世界での過剰適用や過信は避けなければなりません。

その限界は、理論的に理解しているもの(今回習ったミクロ経済学が仮定している『経済人』など現実には存在しない、といった限界)もあれば、ケースなどの実例を通じて実践的に理解したものもあります。前者は常に意識しつつ、後者の実践的な理論の適用範囲の線引きを行わないと、「MBAは理屈ばかりで現実を判っていない」と言われてしまいます。

原理原則として拠り所としながら、その現実的な限界をより鮮明に理解すること、これは実務へ帰ったときに誤りを犯さないための予防策として、今から意識しておかねばなりません。

感想
総じて、非常に学びの多い学期でした。
来学期以降も、あまり興味を狭めることなく、多くを学び、全てを知ることができないまでも鳥瞰できる高みを上へ上へと揚げていきたいと思います。

個別科目
ミクロ経済学
ファイナンスⅠ
会計
統計(DMD)
組織論(OP)
コミュニケーション
[PR]
by flauto_sloan | 2007-12-26 22:57 | MITでの学び(MBA)
<< コアタームの学びを習う - ミ... Christmas dinner >>