MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Talented Sloanie
コアタームの最終日、"Talented Sloanie" と題して、スローン生が様々な才能を発揮するイベントがありました。

司会はうちのクラスが誇る役者、Taariq (Business Weekに記事も載った芸達者) と Burt の二人で、内容はギターの弾き語りや漫談、 "Rolling Sloans" のバンド演奏など盛りだくさん。

日本からは3組出場し、同期では Hajime がアクションペインティングで会場を沸かせました。

そして私とS君は "Sloan Classics" と題し、フルートとピアノのデュオ。
S君はリストを、そしてデュオの曲目はフォーレの「コンサートのための小品」という、可愛らしい2分くらいの曲にしました。
何度か練習をしてきて臨んだ本番。少々事故はあったものの、きちんとまとめて拍手喝采を浴びました。

c0131701_1205077.jpgそこでそのまま拍手が鳴り止まないうちに、当日即興で作った「諸人こぞりて」の変奏曲をソロで演奏。
さすがにみんな知っていて季節にも即した曲を、曲芸的に演奏したために、大好評でした。
聴いてくれていた友人たちからもみな、よかった、あんなに上手いと思わなかった、等々賛辞の言葉を頂きました。


音楽に言葉も国境もないといいますが、懐に忍ばせて連れてきたこの愛器*が、みんなを楽しませることができたことは、この上ない喜びでした。

* わが愛器を作った工房、Haynes はボストンにあるので、今度遊びに行こうと思っています
[PR]
by flauto_sloan | 2007-12-13 01:03 | 音楽・芸術
<< 期末試験終了 MIT学生、それぞれの年の瀬の... >>