MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Auction
c0131701_0131810.jpg一学期も終わりに近づき、必修が半年しかないMIT Sloan は、クラスで行動するのもあと少しです。
今日はそんなクラスの集まりで、Auction大会がありました。

クラスの皆が様々なもの(物というよりは、なにかをする権利や料理など)を出品し、オークション(Traditional English Auction)にかけます。収益はウガンダの親を失った子供達への義捐金として使われます。また、6クラスが異なる場所で同時開催するため、クラス間の対抗意識も煽られます。
ちょうど経済の授業でオークションの仕組みを習ったので、その授業前にオークションの予行演習をし、クラスはこの日に向けて盛り上がっていきました。


場所はセントラル・スクエアのバーで、クラスの大半が集まる大盛況。
クラスでもムードメーカーとして活躍している Taariq と Michael が司会を務め、45も出品された様々なものを競りにかけ、クラスを煽って値段を吊り上げていきます。


一番多かったのは、サービスを受ける権利でした。タイ料理、寿司、スペイン料理など、各国の出身者による手料理を食べる権利、VIP待遇でクラブに行ける権利、統計のTAとデートする権利、もと女優のクラスメートのプロのメークをされる権利・・・ 女性がみな下着姿という秘密のイベントの入場券もありました。

加えて、授業関連の出品もありました。ファイナンスのMyers教授のアストン・マーチンに1時間乗せてもらう権利(教授が運転。ただし1時間二人きりで密室にいることになる)、経済学や会計の教授とランチをする権利、会計のTAが期末試験前に家庭教師してくれる権利…

さらには、PEや投資銀行出身者による、リッチな権利も。カリフォルニアの別荘で週末を過ごす権利、国内どこへでも行ける航空券、自家用ジェットに乗れる権利…

でも一番高値がついたのは、授業中いつも寝ているドイツ人(そして今回の司会者)のMichael が、来週一週間授業中に寝ないという権利。もし寝たら権利者全員に$100ずつ払う、というものです。22人が$50ずつビッドし、総額$1,100ものハンマー・プライスでした。

会は大盛り上がりで、最終的に昨年の3倍近い$11,000ものお金が集まりました。
ちなみに私は、チームメンバーと一緒に食事を振舞う権利を出品し、落札したのは上記の寝ない権利と、経済の教授とのランチでした。

こんなに仲がいい(そしてノリがいい)うちのクラスも、もうすぐ解散かと思うと寂しいものです…
[PR]
by flauto_sloan | 2007-11-29 23:52 | MITでの学び(MBA)
<< 冬の訪れ ウォールストリートから監獄へ >>