北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
XML | ATOM

skin by excite
ニューヨークとボストンの移動手段
月に2-3回はNYとボストンを行き来しています。
これまでに色々な交通手段を試してみました。興味ある方のために記しておきます。こちらもご参照ください。

主要な交通機関は、飛行機、鉄道、バスの3つです。私は主にグレイハウンド・バス(追記: 現在は専らBoltBus)を利用しており、連休など渋滞のあるときには鉄道を利用しています。
それぞれの長所・短所を挙げてみます。(費用は2007年秋のものです)

1. 飛行機
往復費用: ~$300
所要時間(片道): 1h15m
長所: 早い。快適
短所: 高い。作業できる時間が短い
お勧め用途: 時間をお金で買いたいとき

デルタ航空のシャトル便US Airwaysのシャトル便が1時間に1便ずつ出ています。国内便なので、ボストン出発の30分前、NY出発の45分前までにチェックインすれば大丈夫です(ただし混雑時は手荷物検査に時間がかかるので注意)。また、JetBlueも就航しています。

値段は、Priceline.comExpedia などで、充分事前に予約するともっと安く買えます。

早くて快適ではありますが、空港までの移動も含めるとケンブリッジからマンハッタンまでの door to door で結局3時間くらいはかかります。また出発が遅れることもあり、そうすると時間的な優位性があまりなくなくなってしまう事さえあります。そこはアメリカなので仕方ありません。
1時間余のフライトなのでPCを使った作業はほとんどできず、読書や仮眠がよいでしょう。
値段の高さも考えると、よほど急いでいるか社用でない限りはあまりお勧めいたしません。


2. 鉄道
往復費用: $210- (特急Acela利用時)
所要時間(片道): 3h30m (同上)
長所: やや早い。渋滞と無縁。くつろぐにも作業するにも快適
短所: バスよりも高い。しばしば遅れる
お勧め用途: 連休など混雑が予想されるとき、落ち着いて作業したいとき

Amtrak という鉄道がNY-ボストン間を通っていて、各駅停車だとバスと同じ4時間半、Acelaという特急だと3時間半で着きます。Acelaは値段が張りますが、連休などの混雑時には確実に座れ(ただし座席指定ではない)、渋滞にも巻き込まれないのでバスよりもはるかに早く着きます。
特急では電源もあり、PCを広げてゆっくり作業ができます。ただし時折停電します。
また、出発が30分くらい遅れるのはざらで(特にNY出発のとき)、1時間以上待たされたこともあります。そこは折り込んでおきましょう。


3. バス - Greyhound
往復費用: $30
所要時間(片道): 4h30m
長所: 安い
短所: 狭くて疲れる。作業には向いていない
お勧め用途: 頻繁にNY-ボストン間を往復するとき。深夜に移動したいとき

安いバスといえば、往復$30のチャイナタウンバスが有名です。現在はボストンではチャイナタウン近くの South Station発着、NYはチャイナタウン発着です。ただし車内が比較的汚い、車内が騒がしいことが多い(大声で話す客層が多い)、運転が荒い(そして運転手は運転中ずっと携帯で話し続けている)、何よりトラブルが多い(高速で止まったり、道を間違えたり・・・ かつては爆発事故もあったそうです)ために、特に理由が無い限りは敬遠しています。

そして代わりに、Greyhound bus を利用しています。ボストンはsouth station、ニューヨークはミッドタウンのPort Authority発着です。1時間に1-2本と本数が多く、webで予約(右の画面の緑で囲んだバナーをクリック)すると、なんとチャイナタウンバスと同じ往復$30でチケットを買えます!
値段が同じでサービスと設備がよければ、Greyhoundを利用しない手はありません。

ただし混雑時には2時間前後並ばないといけない(連休でなくとも金曜午後は1時間程度)、電源もスペースもなくPCの作業には向かない、渋滞だと5-6時間かかることもある、といった注意点はあります。
逆に、深夜に利用すると3時間半程度で到着します。うまく利用するととても経済的です。

追記(2008/06/01)
別記事で紹介しましたが、バス路線に最安値$1というBoltBusMegabusの2社が参入しました。特にBoltBusは低価格だけでなく、安全性や快適性(無線LAN完備)でも既存のバスよりも使い勝手がよいバスです。

頻繁に行き来する方には圧倒的にお勧めです。


4. 高級バス - LimoLiner
往復費用: $160-
所要時間(片道): 4h30m
長所: 最高級のサービス。電源・無線LAN完備
短所: 他のバスよりも高い。本数が少ない
お勧め用途: 豊かな旅をしたいとき。ネットに接続して作業しないといけないとき

ボストンのバックベイ、NYのミッドタウンのHilton Hotel 発着のLimoLinerは、1日に3-5便と少ないのですが、圧倒的なサービスを誇ります。
全席指定の革張りの椅子、ゆったりとしたスペース、電源はもちろん無線LANのある環境、飲み物や食べ物のサービス、最新の雑誌…
飛行機のCAのような添乗員が一人ついて、価格以上の快適さです。

私が乗っていたときに、電源があがってしまい、電源もLANも使えなくなったのですが、次回の割引クーポンをくれました。このあたりも、他にはない肌理の細かさです。
毎回使うには高いですが、また乗りたくなるバスです。


以上が主要な公共交通機関です。
うまく状況に合わせて選ぶと、4時間前後の長い移動も有効に利用できます。

それにしても、この2年間で一体どれだけの時間をこの2都市の往復に費やすのだろうか…
有効利用しないと…



■  [PR]
by flauto_sloan | 2007-11-27 16:40 | 旅行
<< ウォールストリートから監獄へ ニューヨーク・フィルの夕べ >>