MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フィードバック
今日は学校で二つのフィードバックがありました。
一つは悔しいもので、一つは嬉しいものでした。

一つ目は、Accounting(会計)の中間試験の結果が返ってきたものです。
労力的には一番力を入れたにもかかわらず、ケアレスミス等々に泣かされ、不本意な結果でした…

Harvard には"Primal Scream (リンク先のページ中央の写真参照)" と呼ばれる、試験前の夜中に裸で構内を走り、先に恥ずかしい思いをしてしまおう、という行事があるそうです。僕も走っておけばよかった…


そんな失意の中、二つ目のフィードバックがありました。
Communication Lab.という、2年生のTAがファシリテーターとして様々なコミュニケーションの練習をするクラスがあります。今日は一学期の前半を終えた区切りとして、チーム内でフィードバックを行いました。
良いところ、直すべきところ、将来適していると思われる職業、の順にフィードバックをお互いにしていきます。

私へのフィードバックは、
良いところ: 勉強にしろチーム内での発言にしろ、常に非常に高いクオリティでプロフェッショナルなアウトプットを出せる。さらにいつも協力的で、宿題などでチームを助けている
直すべきところ: せっかく正しい意見を持っているのだから、議論のもっと早い段階でそれを言うべき。そうすれば議論がスピードアップでき、みんなの時間も短くて済む
向いている職業: コンサルタント*、経営者

自分が思った以上に、みんな私の発言やアウトプットを認めてくれており、そして皆もっと私の考えを聞きだしたい、もっと自分を出して欲しいと言ってくれました。悪戦苦闘しながらも自分の価値を認めてもらえていたのだな、と思うと気が楽になりました。

でもだからこそ、それを開陳するタイミングやディスカッションでの立ち居地も、comfort zone をどんどん踏み出していかなければいけない、と強く薦められました。

このMBA環境ではリスクは殆どないのですが、恐らく自分で自分の中に「リスク」の幻覚を作り出しているのでしょう。漫画で天使と悪魔が頭の中で葛藤するように、自分の頭の中にもう一人の自分が居て、comfort zone を踏み出そうとすると、どんどんリスクを挙げてきて、discourage しようとしてきています。
仕事という外部プレッシャーがない現状では、自分の意志によってその幻覚リスクを打破しないといけません。今のところ、残念ですが必ずしもいつも出来ているとはいえません。

コンサルティングの仕事では、新しいことをしたり、何かを変えようとすると、クライアントからできない理由が10も20も挙がってきます。
それを論破し、裁き、乗り越えて、他者をその気にさせるのはできているのに、自分に対してできないとは!

恐らくは、学歴や成績といった履歴書上の過去の記憶と、世界的コンサルティング・ファーム出身というレピュテーションに縛られているのでしょう。
就職活動も特にしない予定であり、駄目な自分をも許容してくれる仲間がいる環境であるのなら、尚のことこれらをリスクに仕立て上げてくる幻覚に別れを告げ、自己を対象とした壮大な実験を行わなければ。


学ぶものを学んでいれば、成績など副次的だし、虚栄心など邪魔なだけ。
手段を目的化することなく、本質に立ち戻って、前向きに学ぶことにします。

* それにしても、なにかコンサルタントやゼネラルマネジメント以外の向いている職業を言って欲しかった…
[PR]
by flauto_sloan | 2007-10-29 15:03 | MITでの学び(MBA)
<< Hack - Go Red Sox! Red Sox、World S... >>