MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
BSO - Poulenc Organ Concert
今日は初めて Boston Symphony Orchestra の演奏会に行ってきました。
c0131701_13151822.jpgお目当ては中プロ(真ん中のプログラム)の、Poulenc 『オルガンとティンパニと弦楽器のための協奏曲』。Poulenc は大好きな作曲家で、中でもオルガンコンチェルトはかなり好きな曲です。でもなかなか演奏される機会がないので、いつか生で聴きたいと思っていました。それが初BSOで聴けるとは!!

前プロはボストン在住の M.Gandolfi という作曲家の組曲でした。弦とティンパニを絶妙に組み合わせたハーモニーで始まり、1・2楽章は比較的古典的な現代音楽といった趣でした。
3楽章の途中で、突然西洋音楽の歴史が始まりました。あれ、このメロディーは? と思っていると、Scarlattiでした。1フレーズごとにJ.S.Bachのブランデンブルク協奏曲第5番の1楽章、W.A.Mozartの交響曲第38番「プラハ」の2楽章、L.v.Beethovenの交響曲第6番「田園」の1楽章…と次々に展開し、最後はスピーカーまで利用した現代曲に行き着きます。驚いてパンフレットを見ると、3楽章は "Universe Cascade"という題で、ビッグバンから生まれる歴史を表現しているものでした。
4楽章はリズミックで金管が活躍するポップス調の楽しい曲で一気に幕を下ろし、聴衆はスタンディングオベーションで作曲家を讃えました。

そしてF.Poulenc の協奏曲。
やはりオルガンは生演奏に限ります。オルゲルプンクト(オルガンによく見られる長く低い音)が胸に直に響きます。シンフォニーホールに響き渡るPoulenc の激しくも情緒的なメロディー…
オルガンのソリストのSimon Preston は、教会のオルガニスト出身らしいので、堅い演奏家と思いきや・・・

かなり好き放題弾いてました。
時には激しく煽り、時にはころび、時にはたゆたうように歌い、指揮者もついていくのがやっとといった感じでした。もう少し安定感が欲しかったところですが、迫力は十分。堪能しました。

メインの悲愴は、1楽章では少し乱れたものの、3楽章で金管の強奏が小気味よく決まり、3楽章の後で拍手が沸き起こりました。米国はよく盛り上がると楽章の合間でも拍手が起こります。
4楽章はそのまま弾ききった秀演でした。

全体に、木管が素晴らしく、金管と弦楽器は非常に素晴らしかったです。さすが小澤征爾が20数年かけて世界一流に育て上げただけあります。
これから毎週のように木曜はBSOを聴きに行く予定です。楽しみです。

c0131701_13141472.jpgちなみに、Symphony Shopでピアノのカフスを買いました。カフスを蒐集しているので、衝動買いでした…
[PR]
by flauto_sloan | 2007-10-11 23:30 | 音楽・芸術
<< Mid-Term Tech, Tech, Tec... >>