MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Sailing
私の会社のボストンオフィスからメールが届き、Sloanに社費で来ている社員、およびサマージョブ(学生に内定を出す前に、2ヶ月ほど仕事を経験させること)参加者で懇親会を行うということでしたので、行って来ました。

場所はロードアイランド州の、Newportというリゾート地で、ちょうどボストンとNYの中間くらいの小さな港町でした。Sloan生の参加者は30人ほどで、日本人は私とkonpeさんと、サマージョブ参加の2年生の3人でした。Sloanの一年生も私を含め5人が参加しました。

クラムチャウダーの有名なレストランでランチをとり、ボストンオフィスの人やSloan在学中の他の生徒(多くはラテン諸国)と談笑。シーフードの美味しいレストランの話から、日本の公定歩合引き上げについてまで硬軟様々な話題でした。

c0131701_2224350.jpgさらにバスで移動すると、メインイベント会場であるハーバーに到着。4人ずつ12チームに分かれて、ヨットレースを開催しました。さすがに負けず嫌いの集まった会社だけあり、みな真剣です。
うちのチームは地元のヨット乗りのおじさんがskipper(キャプテンのようなもの)で加わり、セイリングのライセンスを持つイタリア人の2年生と、初セイリングのベルギー人の2年生と私でした。

風がちょうどよく吹いていたこともあり、ヨットは結構なスピードを出して快走… と思いきや、一時はコントロールを失い、すわ転覆かという冷や汗の瞬間もありました。海水がボートの中に入るほど傾いたときは、何せ初めてのことだけあり、かなり怖いものがありました。

後半はペースを取り戻し、順位を徐々に上げていき、最終的にはちょうど中間の6位でした。konpeさんのチームは、昔トレーニングを一緒に受けたボストンオフィスの友人が特別参加でskipperをやり(高校時代からセイリングをやっていたらしい)、見事2位を取っていました。

チームが一丸となって、それぞれの職分を責任を持って果たし、予想外の環境変化に対処しつつ、ゴールに向かって走る。自然と連帯感と信頼がチームに生まれ、非常に楽しいセイリングでした。
社員だけではなく内定者の人たちも、会話やこのセイリングによって弊社とのつながりを強く感じてくれたのではないでしょうか。来年以降も(セイリングとは限りませんが)あるということで、楽しみです。
[PR]
by flauto_sloan | 2007-09-08 23:37 | 交友
<< MITでのメンタルヘルス Registration Day >>