MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
MIT Songs
MITの新入生には、”How to Get Around MIT”という冊子が配られます。MITで学び、生活するうえでの様々な注意事項やアドバイスが載っているのですが、巻末に非常に面白いものがあったのでご紹介をば。
学部生の間で唄い継がれている歌です。バーのある寮もあるので、そこではきっとビール片手に唄っているのでしょう。そんな中から二つほど抜粋。


The Engineers’ Drinking Song (Lady Godiva)
Godiva was a lady who through Coventry did ride
To show the royal villagers her fair and pure white hide.
The most observant man of all, an engineer of course,
Was the only man who noticed that Godiva rode a horse.

(Chorus)
We are, we are, we are, we are, we are the engineers.
We can, we can, we can, we can demolish forty beers.
Drink rum, drink rum, drink rum all day and come along with us.
For we don’t give a damn for any old man who don’t give a damn for us!

She said “I’ve come a long, long way, and I shall go as far
With the man who takes me from this horse and leads me to a bar.”
The men who took her from her steed and lead her to her beer
Were a bleary eyed surveyor and a drunken engineer.

(概訳)
ゴディバ夫人はコヴェントリーを馬に乗っていた
領民に誠実さと白い肌を見せるために*1
一番観察眼が鋭い男、言うまでもなくエンジニア、
彼だけはしっかりと確認していた – ゴディバが馬に乗っていることを

我ら、我ら、我ら、我ら、我らこそはエンジニア
我ら、我ら、我ら、我ら、我らにゃビール40杯くらい軽いや
ラムを、ラムを、ラムを日がな一日飲んで一緒にいようぜ
どうせ誰も気にしちゃいないさ

彼女が「ずっとずっと乗ってきたから、どなたか馬から下ろしてバーへ連れて行って」と言ったところ
馬から下ろしてビールに誘ったのは
しょぼしょぼな目の測量士とぐでんぐでんのエンジニアさ

こんなのがずっと続く歌です


M.I.T. (To the tune of “Let It Be”)
When I find myself in times of trouble,
Charles Vest*2 comes to me,
Speaking words of wisdom: MIT.
And now I find I’m losing
What’s remaining of my sanity.
I’m told that that’s expected: MIT.
MIT, MIT, what have you done to me?
I think that I’m OD’ing; too much technology.

And even though the night is cloudy
There’s a light that shines to me.
It must be a laser: MIT.
And if the light proves dangerous
I’ll go to the infirmary
Provided it is open: MIT.
MIT, MIT, computer running free
Athena’s*3 at the stem of everything I see

I wake up to the sound of lectures
Some professor’s telling me
Du/dh = BS –du(dt)

Although the course seems difficult
The catalogue says it’s elementary
Everything’s so simple: MIT.
MIT, MIT, you weren’t true to me.
You promised me an education, and gave me misery.

And when I’m doing a problem set
I find they’re all too hard for me.
There will be an answer: MIT.
I’ll go and threaten the tool next door
And he will do them all for me.
Cheating is so simple: MIT.
MIT, MIT, I’m as desperate as can be
If a B’s a bit too much I’ll settle for a C.

I gaze at the towering building
And emotion sweeps all over me,
Standing on the campus: MIT.
How many times I’ve thought of jumping
From the building that I see*4.
That is not the answer: MIT.
MIT, MIT, you don’t agree with me.
A dome is not a home: MIT.

ビートルズの"Let It Be"の替え歌です。
訳は省略しますが、悲哀が滲み出ていますね…
こんな歌を作るあたりもオタク(Nerd)文化のMITらしい…


*1 ゴディバ夫人(チョコレートのブランドの由来でもある)の故事より。重税に悩むコヴェントリーの領民を救うべく、ゴディバ夫人が領主である夫に負担を軽くするよう求めたところ、夫に「裸で馬に乗って領内を周ったら考えてやる」と言われたため、実際に裸で街を周った、というもの。領民は感動して皆家にこもり窓を閉めて夫人を見なかったが、ただ一人ピーピング・トムという男が覗き見をし、天罰を受けて失明したとされる(歌に出てくる測量士のことだと思われる)
*2 1990年から2004年までのMIT学長
*3 MITが開発し、校内で実験しているネットワーク・システムの名称
*4 MITは不幸にも全米トップクラスの自殺率で知られています。この冊子にも、生徒がバーンアウトしないための心構えや、メンタルヘルスのサポートについて詳細かつ豊富に載せています

[PR]
by flauto_sloan | 2007-08-24 23:53 | 音楽・芸術
<< Pre-Term International F... >>