MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Convocation
c0131701_153174.jpg今年からMIT Sloanだけでの修了式、Convocationが行われるようになり、2年間を共にした350人の旅立ちを皆で祝った。とても名誉なことに、その記念すべき初めてのConvocationで、私と妻とで演奏する機会を得られた。2年間の思い出が去来し寂しくなったが、非常に思い出に残る修了式だった

開会の宣言の後、卒業代表のイスラエル人のシミリットが答辞を述べた。コアチーム、授業でのチーム、プロジェクト、旅行… 彼女個人による周りの人々への謝辞を通じて、我々一人一人が仲間、家族、そしてMITの教員・職員に感謝の気持ちがこみ上げる。

そしてその答辞の直後に、私たちの演奏だった。曲はチャイコフスキーの『眠れる森の美女』よりワルツで、フルート、ヴァイオリン、ピアノへの編曲版だ。今は眠れる雌伏のときかもしれないが、明るく前向きに、ワルツのステップを踏むように楽しみながら前に進みたい、そんな想いで選んだ。ピアノは妻といた学生オーケストラの後輩であるMayさんにお願いした。

今までで一番の大役であり、やや緊張もしたが、舞台に上ると不思議と楽しもうという気持ちになってきた。演奏(youtubeへのリンク)は本番にしては上出来で、会場の仲間たちから大きな拍手を頂いた。後から聞くと、"ローリング・スローンズ"のロックではなくクラシック音楽であることに不満を感じた人も、私たちの演奏を聴いて喜んでくれたらしい。

c0131701_14562279.jpg席に戻ると、このすばらしい機会を成し遂げた達成感と興奮とで、その後のディーンやゲストスピーカーの話があまり頭に入ってこなかった。厳しい状況で卒業する我々を勇気付けるメッセージだったが、私にとっては、学生生活の最後で学生総代に続く大任を認められたこと自体が、最大の勇気に繋がった

修了式後は、友人やその家族に会うたびに、素晴らしい演奏だったとの言葉を頂いた。有難い限りだ。フルートを始めて20年になろうとするが、自分の能力、音楽がここまで人の感情を動かし、記憶に残ったことはなかっただろう。

この演奏をさせてくれた実行委員会、私を推薦してくれたマリー、そして何よりピアノを弾いてくれたMayさんとそのご家族と、愛する妻に感謝するばかりだ。


夜はボストン市内を見渡す、プルデンシャル・スカイウォークを貸しきっての立食パーティーだった。家族連れで皆やってきて、学生最後の夜を皆で祝った。チャールズ川の向こうにMITの校舎を見渡すと、これまであまり自覚しなかった母校愛を強く感じる。
c0131701_1512680.jpg

c0131701_1511416.jpg友人たちと将来のことやMITでの思い出を語り合い、写真をたくさん撮る。
皆もうすぐ離れ離れになってしまう。世界中に散らばるが、ここでの経験や絆はずっと保っていきたい。

明日はいよいよ卒業だ
c0131701_1515444.jpg

[PR]
by flauto_Sloan | 2009-06-04 23:43 | MITでの学び(MBA)
<< Commencement ボストン観光 >>