MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ナイアガラ大瀑布をアメリカから見る
東海岸にいるうちに観光しておこうと思いつつ、つい後回しになっていたのが、ナイアガラの滝だ。ボストンからなら車でも行けるが、ニューヨークからなので飛行機でバッファローまで飛ぶことにした。あんな失敗をするとは思わずに・・・

ナイアガラ
ナイアガラの滝はアメリカ・カナダの国境に跨るのだが、カナダ側からの景色がよいという。
私も妻もナイアガラの滝には行ったことがないのだが、双方の両親は何度か言ったことがあり、カナダ側からの眺めがいいと勧められていた。そこで、JTBの日帰りツアーに申し込み、カナダ側から観光することに。

当日、家からJFK空港までタクシーで移動し、その途中でふと気になって、I-20(超重要書類で、アメリカから出入国する際には必ず持参)をちゃんと持参しているか確認してみた。ちゃんと持ってきている。だがよく見ると・・・

MITのではなく、コロンビアの古いI-20だったのだ!

私はMIT入学前に、コロンビアのALPというサマースクールに通っていた。そのため、渡米時はMITではなくコロンビアに身分を保証するI-20を発行してもらったのだ。MIT入学後はMITのものに更新したので、これはもう古くて意味がなくなった。その古い方を持ってきてしまった・・・

恐る恐る、隣の妻にこの不始末を打ち明ける・・・ これでは、ナイアガラに行ったとしても、カナダ側に渡れない。飛行機の時間と、マンハッタンまでの距離を考えると、取りに戻る時間はない。妻がみるみる不機嫌になっていく・・・

選択肢は3つ。
  • 旅行をキャンセルし、別の日に行く
  • ひとまず行き、アメリカ側から観光する
  • 妻だけカナダに渡り、私はアメリカ側に残り、滝を挟み別々に観光する
さすがに3つ目はない・・・と思うのだが、明確な否定はない・・・ ああ、相当にご立腹だ。

空港に着き、JTBの人と話し、友人に電話をかけ、どうやらアメリカ側からでも十分観光できそう(霧の乙女号には乗船できる)とわかったので、2つ目の選択肢で強行。バッファローの空港でJTBの人に、国境手前でバスから降ろされる旨告げられ、ナイアガラへ。

ナイアガラ大瀑布
ナイアガラの滝の迫力は、聞いていたよりも凄まじい。大地が割れているようだ。全体像が見られないのはアメリカ側の難点だ。だが十分大きさは伝わる。
まずは展望台から遠景を望む。
c0131701_1150536.jpg
霧の乙女号に乗船し、滝のすぐ傍にまで近づく。今日は風向きが悪く、水しぶき(何ていうかわいらしいものではなかったが)が降りかかり、レインコートを着ていてもずぶ濡れだ。それにしても物凄い轟音と水量だ。見ているだけで滝に飲み込まれてしまいそうだ。
c0131701_1241225.jpg
下船し、滝の近くにまで続く遊歩道を歩く。上から見下ろす大瀑布は、また違った迫力。
対岸にはカナダが見える。豪華ホテルやカジノが立ち並ぶ。ああいう観光地然としたところよりも、自然あふれるアメリカ側がいいじゃないか、と自分に言い聞かせて慰める。
c0131701_1244458.jpg


アメリカ側のナイアガラ
アメリカ側のナイアガラは、インド人とヒスパニックばかりだった。日本人はもちろん、アジア人や白人はほとんどいない。

おそらく、ビザの関係でアメリカを出国できない人たちが、アメリカ側から滝を眺めるのだろう。ちゃんと出国できる人たちは、全景が見られるカナダへ渡るから。いささかの不自由がありつつも、この自然の驚異を楽しめることに感謝を覚える。

帰り道のハプニング
JTBのバスには乗れないので、帰りはタクシーに乗る。値段を交渉し、インド人のタクシードライバーが非常に良心的な価格だったので、彼の車で空港に向かった。

高速に入った途端、急に路肩に車を寄せて徐行する。ドライバーが携帯を取り出し、電話口に何かどなり続けている。電話を終えると、使われていないガソリンスタンドに車を停め、訛りの強い英語でこう話した。
 
「どうやら釘を踏んでパンクしてしまったようだ。でも大丈夫。わしの家はここから2ブロックだから、今家内が代わりの車を持ってくるよ」

驚いていると、本当に奥さんが自家用車で現れた。私たち二人はトヨタのセダンの後部座席に座り、ドライバー夫婦と一緒に空港に向かうという、なんだかよくわからない構図になっていた。奥さんと一緒になり、なんだか急にアットホームな感じになり、ドライバーさんは二人の子供の話や、貿易の仕事をしていた時に日本に行ったことなどを嬉しそうに話す。

教育熱心なインド人らしく、子ども二人は大学教育を受けさせ、一人は医者になるのだという。こうして可能性を与えるのがアメリカなのだな、と感じながら空港へと向かっていた。


ハプニング続きの珍道中だったが、さすがに勧められるだけのことはある大瀑布だった。
[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-21 23:40 | 旅行
<< 音楽の都 Yankees! >>