MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Re-Orientation – 学問の世界から実業の世界へ
授業も終えた今日、"Re-Orientation"と題して、MBAから実社会に戻るにあたってのサバイバル術を考えるイベントがあった。といっても昨夜のFollies同様、面白いビデオ劇で笑いながら、少しずつ覚悟をしていく内容だった。
c0131701_2120279.jpg
会計で人気だったウェーバー教授が、会計という面白みのない専門でどうやって生き延びてきたかを、人生経験と自虐的ユーモアたっぷりに紹介してくれる。特に印象に残ったのは、「いつも何かを学び、そして仕事は楽しみながらやることが大事さ」というメッセージだった。会計を教えながら、教科を楽しみ、生徒の反応を楽しみ、常に前向きに学んでいく。そうするとお金もついてくる。

私は元の職場に戻るので、ともすれば新鮮な喜びを失いがちになってしまうだろう。忙しい日々に辛さを感じることもあるだろう。だが好奇心を失わずに広く学び、仕事を楽しみたい。成長やお金は、運さえあればあとできっと付いてくることだろう。

我々がもうすぐなってしまう MIT Sloan Alumni のassociationからは、VCを経営しているFeld氏が、ビジネスで生き抜く秘訣を4つにまとめていた。失敗、起業家精神、リーダーシップ、バランスだ。特に失敗は一歩下がって世の中を見つめ直し、何が起きているのかを見つめるいい機会だという。失敗の渦中にあっては、ともすれば視野が狭まり、身の不幸が世界の全てだと思ってしまうが、そういう時こそ、ステップバックすることが重要だ。氏の場合、ITバブル崩壊で最悪の状況にあった中で9/11を目の当たりにし、ふと世界で何が起きているのかを考えるいい機会になったそうだ。

バルコニーに上り、複眼的にものを観る。これは言うのは簡単だが、非常に難しい。だからこそ刎頚の交わりを持てる親友や盟友が必要なのだろう。この2年間で、数は少ないが深く信頼できる友人を持つことができた。それこそがこのボストンで築いた最大の財産であり、最も幸運だったことだといえる。

あとは "Sloan Professional Standard" と呼ばれるスローンでのお約束や、組織論で学んだことを会社で行ったらどう困るか、といった面白いビデオが次々と流れる。

10時から11時半の授業が10時5分開始11時25分終了になる「スローン・タイム」を会議でやると怒られるぞ、いちいち「ジョンの意見に付け加えると…」とケース議論のような発言はしなくていい、会議中PCを開いていてもいいんだよ、といったスローンと実社会の差をコメディーで描いていく。
c0131701_2121062.jpg
スローンは特別な場所だ、これから帰るのが実社会だ、という割り切りをしつつも、その学びは深く根ざしており、スローン生であったことを誇りに思っているのだろう。それを皆で確認し、この学舎への愛おしさと忠誠心、そして350人の友情を強め、困難な世界を乗り切る勇気を与え合おう、という覚悟を感じた。

早い人はもう1ヶ月もしないうちに仕事に就く。経済は芳しくなく、孤独ではあっても、後ろには2年間の自分と350人の友人がいる。それだけで何と心強いことか。
c0131701_21262034.jpg

[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-15 21:01 | MITでの学び(MBA)
<< Staatskapelle B... Sloan Follies –... >>