MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最後の授業
今日のオペレーション・ストラテジーの授業が、MBAでの最後の授業だった。この授業は2年生しか取らない授業なので、それをよく分かっているローゼンフェルド教授は、授業のまとめを簡単に済ませ、楽しく我々を送り出してくれた。

この授業はMBAに加えて、LFM(Leaders For Manufacturing)というMBAとMSのdual degreeの人たちも履修しているのだが、教授はLFMの担当教授でもあるため、授業は非常に家族的な温かさのあるものだった(内容はいまひとつだったが)。教授は大量のピザを注文し、みんなで熱々のピザを頬張りながらの授業。
c0131701_2104083.jpg
教授が10項目の最後のメッセージを一つ一つ伝えていき、生徒がどんどん突っ込んでいって盛り上げる。20分ほどで「私からは以上だ。諸君らの健闘を祈る!」と教授が告げたとき、私の授業は全て終わった。

試験の類は全て終わっており、レポートももう全て提出しているので、学業という点でもこれで最後だ。だがまだ、学生でなくなる実感はない。予習に教科書を読むことがなくなり、レポートに頭を悩ませることがなくなると、やがて学生でなくなることを知るのだろう。

そう予感すると、疲れや達成感でもない、そこはかとない寂しさがこみ上げてきた。
c0131701_2111670.jpg

[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-14 19:53 | MITでの学び(MBA)
<< Sloan Follies –... 100K Final – 熱情... >>