MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ペリカン・ディナー - 信頼
c0131701_17192741.jpgわれらがコアチーム、"Indian Pelicans"でディナーをした。
思えば全員揃うディナーは、1年振りくらいかもしれない。素晴らしくも終わりつつある2年間の成功と、友情と、荒波に漕ぎ出すわれらの将来の栄光に祝杯をあげる。


仲がよく、お互いを信頼しあっていたこのチームは、ずっと定期的にランチを共にし、よく「仲がいいね」と言われた。そんな時、誰もが

"Because we are the best team!"

と答えて憚らなかった。そんなチーム・ペリカンが、最後にして本当の友情に辿り着いたと思う出来事があった。

アメリカでは政治と宗教の話はするな、といわれるが、私のチームではことさら政治の話は全くなかった。デリケートなチーム・ダイナミクスがあったため、皆政治の話題は避けていたのだ。

私のチームには、レバノン系アメリカ人のパトリックとイスラエル人のイタイとがいる。高校生の時に家族で米国に移ったパトリックは、小さい時にイスラエルの侵攻を経験している。両親があやうく死にかけたというから、かなり鮮烈な記憶なのだろう。だがそんな彼は、イタイが幹事をしたイスラエル・トレックに昨年参加した。一方でインターンではコンサルティング・ファームのドバイオフィスで働き、イスラム圏のアイデンティティも再認識したようだった。

そのパトリックとイタイとが、政治の話をしたのだ。私がイスラエル・トレックに行ったという話がきっかけだったが、イスラエルの政治について話し始めた。パトリックは極めて中道的なコメントなので、直情的なイタイと変な議論にならなかったが、この姿を見て、チームの姉貴分のエイミーが
「あんたたちが政治の話をするところって、初めて見たわね」
と驚いていた。

イタイは徴兵中は戦闘部隊にいた(スローンのイスラエル人の多くは諜報部隊出身で、戦闘部隊はイタイともう一人しかいない)。パトリックもイタイも、中東紛争は自分の命と直結した経験である。その二人が、信頼し合って、将来のことを話し合う。

非常に象徴的であり、友情とは、信頼とは何かを気づかせてくれる夜だった。
[PR]
by flauto_Sloan | 2009-05-07 23:49 | 交友
<< Sam Adamsの生まれるところ Boston Pops – G... >>