MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
NEC PHilharmonia - アジア人のプレゼンス
友人のマリーがスローンと同時に通っている(おそらく前代未聞のdual-degree)、New England Conservatory (NEC)の学生オーケストラを聴きにいった。学生オーケストラはいくつかあるらしいのだが、今回演奏するNEC Philharmoniaはマリーが1st Violinで乗っている。

曲は今年70歳を迎え、MITを始めボストン中で取り上げられているハービソン教授の小品、ラフマニノフの「パガニーニの主題によるラプソディー」、そして先週聴いたばかりのプロコフィエフの交響曲第5番だ。音大生が腕を磨くのにちょうどいい曲ばかりだ。

ハービソン教授の曲はライブでは初めて聴いた。この曲は、アイディアはよいのだが、格好良さや美しさがいまひとつだった。だが学生たちはなんとか面白くしようと頑張っていた。演奏後、客席にいたハービソン教授本人が舞台に駆け寄り、指揮者と握手しオケを讃えていた。教授も来ていたのか、と思って周りを見ると、指揮者のベン・ザンダーの姿もあった。ニュー・イングランドが音楽クラスターであることを改めて実感する。

続くラフマニノフのソリストは、一年生ながら学内コンクールで優勝したという中国系アメリカ人だった。確かに技術の切れがすごい。多少無愛想(音楽も本人も)なのを直せば、結構有望ではないかと思う。

メインのプロコフィエフは、LSOの名演がまだ耳に残っていたので、管と弦の掛け合いや、フレーズの受け渡しでの粗さは気になったが、全体としては思い切りのある気持ちのよい演奏だった。期待を大きく上回る演奏の質と楽しさだった。


そしてNECのオケを見ていて驚いたのは、アジア人の多さだ。Video Game Orchestraで感じた以上にアジア人が多い。特に弦楽器と木管楽器に。マリーやNECの友人と話すと、韓国人が非常に多く、次いで中国人が多いそうだ(それぞれ韓国系・中国系アメリカ人も含む)。日本人はここでもプレゼンスは低い。

韓国では海外の音大でドクターを取らないとプロのオーケストラに入れないらしく、また中国にはまだ音楽教育のインフラが不十分だという事情が影響しているのだろうが、こうしてボストンで通用する腕前なのだから大したものだ。

日本はアメリカよりもヨーロッパに多く留学しているのかもしれない。もしそうでないなら、日本固有のものではないクラシック音楽においてこそ、海外との交流をもっと進めていかないといけないのではないか。韓国人留学生は英語を話せなくてもアメリカに飛び込んでくるらしい。そのチャレンジ精神の差はどこからくるのだろうか。必要性の違いなのか、教育の違いなのか。

音楽においても、いまが日本の全盛期ということがないように、積極的に海外との交流をするには、どこから手を着けてよいものやら・・・
[PR]
by flauto_sloan | 2009-04-07 22:41 | 音楽・芸術
<< スコルニコフ教授 – 科学技術と政治 MIT vs Facebook >>