MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
BSO/Blomstedt/Goode - 年老いても若い情熱
今シーズンのBSOは、後半に客演指揮者が続く。常任指揮者のレヴァインがMETのリング・サイクル(ワーグナーの『ニーゲルングの指輪』を4話全曲を演奏する)でかかりきりだからだ。今回の指揮者は、かつてNHK交響楽団もよく振り、現在はN響名誉指揮者のブロムシュテット。もう高齢だが、老いを感じさせない、即興的で華やかな演奏が素晴らしかった。

中プロに、
リチャード・グードがピアノ協奏曲第18番を演奏した。グードは人気の高いピアニストで、初めて聴くので楽しみにしていた。だが演奏はどうも心に響いてこなかった。格調高く細部まで練られた演奏なのだが、全体として地味というか特徴がないように聴こえてしまう。期待が高すぎたのだろうか。何人か来ていた友人たちも、グードの演奏を残念がっていた。

一転、メインのブラームスの交響曲第4番は、BSOの良さが存分に引き出された名演だった。N響の時も感じたが、ブロムシュテットは割合に地味な演奏をする。今回も派手ではないのだが、BSOから実にいい響きを引き出していた。しかも表現を即興的に自由に変化させ、この悲劇的なシンフォニーにドラマと閃きを与えていた。老いてますます若さを感じた、ブロムシュテットの偉大さに、会場も惜しみない賛辞を贈った。

老いというと、老境という言葉が暗示するように、新しいものを取り入れず、成長よりも総括に入るように思われがちだが、ブロムシュテットのように老いてますます成長する才人を見ると勇気づけられる。最後のブラームスだけでも聴きにいった価値があるいい演奏会だった。
[PR]
by flauto_sloan | 2009-03-12 21:52 | 音楽・芸術
<< 安全保障と科学技術 サロー教授の最後の授業 >>