MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
卒業式のゲストスピーカー発表
MITの卒業式 - 私自身の卒業式だが - のゲストスピーカーが発表された。マサチューセッツ州のパトリック知事だ。知事はバイオテクノロジーや代替エネルギー技術をマサチューセッツで推進するための施策を打っている、先進的な知事だ。なにより彼は全米二人目の黒人の知事であり、オバマ大統領の当選・就任と呼応させて選んだのだろう。

パトリック知事は素晴らしいのだが、グローバルな知名度の点では、若干の物足りなさを感じる。技術も経済もグローバルになり、多様性を重んじ世界を導くイノベーションを生み出すMITであれば、グローバルに活躍する人をゲストスピーカーに呼んで欲しかったという思いもある。州知事はあくまで州知事であり、アメリカの北東のローカルな大人物である。

とはいえ、総長以下が慎重に選んだのだろうから、この学問とイノベーションの地に相応しい素晴らしい人物であろう。勇気付けられる名スピーチを期待したい。


卒業式のスピーチは各校かなり慎重に選び、選ばれた側は名スピーチを残すことが多い。有名どころでは、以下のようなものがある。

Apple CEOのSteve JobsによるStanford 2005 commencement speech

昨年のJ.K.Rowling女史(ハリー・ポッターの著者)によるHarvard Commencement Speech

映像はないが、他にこれまでに紹介したものでは、昨年のMITのM.Yunus氏のスピーチ、ジョージア工科大学でのB.DysonコカコーラCEOのスピーチが素晴らしい。

知事がこれらと比肩するほどの素晴らしいスピーチを残してくれれば、旅立つ上でこの上ない餞となるだろう。私がMITで聴く最後のスピーチであろうから。


参考: 直近3年間のMIT、ハーバードの卒業式スピーカー
    MIT
  • 2008: Muhammad Yunus (グラミン銀行総裁、ノーベル平和賞)
  • 2007: Charles M. Vest MIT名誉学長 (MIT Songsにも登場する、15年間MITの学長を務めた教授)
  • 2006: Ben Bernanke (連銀総裁)

    Harvard
  • 2008: J.K.Rowling (作家)
  • 2007: Bill Gates (Microsoft創業者、ゲイツ財団理事 ; 映像)
  • 2006: Jim Lehrer (作家)

[PR]
by flauto_sloan | 2009-02-13 21:46 | MIT文化
<< Harvard Asia Bu... 土地と欧州に潜む危機 - Fe... >>