MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
友の学びに復愁す
Sloanの友人Shintaroが、異業種交流会というSloan日本人の勉強会にて、自らの経験を発表していた。彼は私と同業の経営コンサルティングファーム出身であり、また友人としても非常に親しいので、彼の学びを聞くのが非常に楽しみだった*

彼の発表内容自体は割愛するが、同時期に似たようなプロジェクトを行っていたこともあり、聞きながら追体験すると共に自らを振り返る機会だった。


私の過去の経験を思い出すと、上手くいったもの、反省が多いものと色々あるが、個々のプロジェクトをケースとして分析することができるようになった。上手くいったときには上手くいくなりの理由があり、逆もまた然り。当時はただに自分を責めていた失敗でも、いま一歩引いて見ると、そもそも失敗ではなかったり、自分の所為ではなかったり、自分の所為であっても仕組みとして失敗するようになっていたり、というケースがある。

過剰な自己批判は自尊心を傷つけ、却って不能にしてしまう。寧ろ責めるべきは、ろくに状況を見極めずに自分を責めて満足してしまっていた、過剰な責任感という無責任さであろう。

成功しようと失敗しようと、要因を彼我に分け、再現可能なものとそうでないもの、不易と流行とに分け、そして学ぶべきものを理解ししないことには、学んだ気になっているだけで何も学んでいない。そういう意味で、学ぶに貪欲でなかったか、戦略的に学ぼうとしていなかったのかもしれない。


今回の留学で学んでいることは、学ぶとはどういうことかだと思う。日本の学校教育、アメリカの教育、社会に出てからの学習、どれも皆異なり、一長一短がある。私はそれらを相対化できずに、学ぶことや学び方の幅を畢竟十分に広げられなかった。


コアタームでは比較的日本流学習方法が通用したために、学ぶとはそもそもどういうことか、新たな知識を知り好奇心を満たす悦びを、幸いにも思い出すことができた。

その後の一年は、アメリカにおける教育に適応するために苦労し続けてきたように思う(未だ苦労している)。だがその苦労の中で、徐々に「学ぶ」とはどういうことかを体感し体得できてきたかのように思う。

残りの期間は、社会に戻る直前として、自ら経験を通じて学び続けるとはどういうことか、どうすればよいのかを学ばねばならない。そう気づかせ、覚悟させてくれた友人の発表に感謝したい。


復愁 (杜甫)
萬國尚戎馬
故園今若何
昔歸相識少
早已戰場多


* この発表を聞くために、Emanuel AxとYefim Bronfmanの夢の競演を諦めてまでボストンに残った。ちなみにこのコンサートは、聴きに行った妻が大いに感動していた。交響的舞曲などラフマニノフはCDになっていて、グラミー賞まで取った名盤となっている。非常にお勧め
[PR]
by flauto_sloan | 2008-11-21 14:05 | MITでの学び(MBA)
<< 職業人格 セブン・イレブン - 世界から... >>