MIT Sloanにて、2007年から2009年までMBA遊学していた、ふらうとです。ボストンとNYでの暮らしや音楽、そして学びを書きつらねています。外資系コンサルティング会社に在籍(社費留学)。趣味はフルート演奏
by flauto_Sloan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Forget the Clock, get a Compass instead - Time CEO
TimeのCEOである、Ann Mooreが講演を行った。Shintaroが詳細を書いているように、「ママからのアドバイスよ」と温かく包容的なスピーチが素晴らしかった。

彼女はKSGで経営者向けのリーダーシップ・トレーニングを受け、非常に多くを学んだと言っていたが、「バルコニーに上る」と言っていたから、間違いなくハイフェッツ教授が講師だったのだろう。折りしもハイフェッツの授業で感情的に憔悴していた直後であり、非常に共鳴する言葉が多く、感動的ですらあった。(そして面白いことに、Shintaroの記事はまさしく要旨なのだが、私の心に残ったのは末節のメッセージの方だった)
  • 最も優秀な人ですら、適応なしには生きていけないわ (Champions adapt)
  • プレッシャーは有難いものよ (Pressure is a privilage)
  • 軍隊なら、(正しく働くために)無理やり寝かせられるわ (Military force you to sleep)
  • 衝突は必ず起きるものよ。完璧など諦めて、単純に考えなさい (Conflicts are innevitable. Give up perfection, simplify your world)
  • あなた自身を繋ぎ止めなさい。平衡を取り戻すのよ (Anchor yourself. Reestablish equilibrium)
  • 時計なんていいから、コンパスを手にしなさい (Forget the clock, get a compass instead)
  • 仕事なんてなくなったっていいから、正しいことをしなさい。失敗を恐れちゃだめよ (Never fear losing job. Do the right thing. Don't fear failure)
  • (メリルリンチCEOの言葉として) あなたの取り巻き10人のうち、もし1人が耳に痛い真実を伝えてきたら、残りの9人を首にしなさい (If you have ten people around you and one told you the truth, fire the nine!!)

ビジネススクールから全く経験のないジャーナリズムの世界に身を投じ、CEOまで上り詰めた彼女だからこその重みと説得力のある言葉だった。温かい愛情と勇気が伝わってくる素晴らしい講演だった。
[PR]
by flauto_sloan | 2008-10-15 09:20 | Guest Speakers
<< ユダヤの陰謀の片棒担ぎ アイスランドに学ぶ >>